« 2018年4月 | トップページ

2018年5月の1件の記事

2018.05.27

日本ダービー予想 2018

平成最後となる今年の日本ダービー。 ちなみに平成元年のダービーを勝ったのは、郷原洋行とウィナーズサークルだった。 史上初の芦毛、茨城県産という異色のダービー馬。 果たして平成30年のダービーも、何かしらの史上初が記録されるのだろうか。 大いに迷ったが、本命はダノンプレミアムに打つ。 デビューから無敗の4連勝で世代トップの実力を示しながら、 挫石のアクシデントで皐月賞は回避せざるを得なかった。 だが、その後は本番を逆算して調整が続けられており、 1週前の追い切りからはきっちり仕上がったようにみえる。 むしろ、懸念材料はレースでの折り合いだと考えているが、 追い切りでは前に馬を置いてスムーズに走れていて、心配は軽減されたと思う。 仮柵が外されたコースは内が有利。1番枠は天恵と捉えたい。 弥生賞から直行してダービーを連勝すれば、初めての偉業となる。 対抗は、こちらも異色のローテとなるブラストワンピース。 東京2400メートルはすでに経験済み。 ギベオンを相手にしなかった毎日杯も出色だった。 単穴にはキタノコマンドール。新興クラブDMMの所有馬だが、 速い上がりを使える脚は魅力的だ。蛯名の初ダービー制覇がかかるゴーフォーザサミットにも期待したい。

◎ダノンプレミアム ○ブラストワンピース ▲キタノコマンドール
△ゴーフォーザサミット、ステイフーリッシュ、グレイル、ステルヴィオ、ジェネラーレウーノ

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ