« 桜花賞予想 2018 | トップページ

2018.04.15

皐月賞予想 2018

弥生賞を快勝したダノンプレミアムの回避で、 どの馬にもチャンスが生まれた皐月賞。 ただ、当日午前まで雨が降り続きそうで、 どのような馬場状態でレースが行われることになるのか、 そちらのほうが予想を難しくしている。 ある程度、回復していれば外差しの展開になる可能性が高いのだろうが、 直前まで見極めたい。 それを前提にだが、本命はステルヴィオ。 2歳時に先着を許したのはダノンプレミアムだけ。 当時は終い一辺倒で不器用なタイプだったが、 前走のスプリングSはレースぶりに成長がみられた。 スタート後、すんなりと中団につけ、3コーナーすぎから 仕掛けていく競馬。2番手から抜け出していたエポカドーロを ゴール板でハナ差、交わしきった。 ロードカナロア産駒だが距離延長に不安はなく、 一度も連対を外したことない堅実性からも軸には最適と考える。 対抗は弥生賞2着のワグネリアン。 実力は上位だが、内枠とコース適性から印を留める。 単穴にキャリア2戦のキタノコマンドール。 すみれSのレース内容はレベルが高かった。 極端に馬場が悪化すれば、グレイル、エポカドーロにも注目を 払わねばならないだろう。

◎ステルヴィオ ○ワグネリアン ▲キタノコマンドール
△グレイル、エポカドーロ、オウケンムーン、タイムフライヤー

|

« 桜花賞予想 2018 | トップページ

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜花賞予想 2018 | トップページ