« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月の2件の記事

2018.03.25

高松宮記念予想 2018

去年の高松宮記念は現地に遠征し、雨中、 セイウンコウセイが鮮やかに抜け出すのを目の当たりにした。 今年は週中に雨に見舞われたものの、 当日は晴天のもとで行われることになりそうだ。 馬場は内柵が移動してBコースへ。 インコースの傷みを気にする必要はなくなった。 レースは混戦の様相だが、軸馬には スプリントG1を2勝しているレッドファルクスを推す。 追い込み届かなかった前走の阪急杯は上々のステップ。 7歳にして衰えるところなく、10勝中8勝が左回りというサウスポーだ。 去年は馬場に泣いたが、今年は主戦のデムーロがきっちりと 持ってくるだろう。 対抗はファインニードル。 セントウルS、シルクロードSで魅せた先行力と 抜け出してからの粘りは出色。王者交代が起きても不思議ないが、 左回りが未知数な分だけ印を留めた。 3番手にベテラン、ダンスディレクター。

◎レッドファルクス ○ファインニードル ▲ダンスディレクター
△セイウンコウセイ、レッツゴードンキ、ブリザード

| | コメント (0)

2018.03.18

スプリングS予想 2018

3年前のスプリングSはまだ本格化する前だったが、 キタサンブラックが粘り勝ちで重賞初制覇を成し遂げた。 スプリングSは瞬発力よりも、先行力、持続力が問われる 展開になりやすい。 中山コースで行われた最近9回、4角3番手以内の馬が 連対できなかったのは1度だけ。 本番を見据えた実績馬が差し届かないケースはママ見られる。 本命は京都、小倉と逃げて連勝してきたエポカドーロに打ちたい。 その2戦は全くの楽勝。後続に影を踏まさぬ走りだった。 キタサンブラックではないが操縦性に優れ、 ラップを支配できるのが大きな強みだと考える。 母ダイワパッションは未勝利からフィリーズレビューまで 4連勝した馬で、息子もトライアルまで3連勝といきたいところ。 対抗はマイネルファンロン。前2走は展開面で不利があり、 負けて強しの内容だった。単穴にカフジバンガード。 きさらぎ賞2着馬を退けた実績あり、今回は先行することを明言している。 馬券はこの3頭にステルヴィオを絡めて勝負したい。

◎エポカドーロ ○マイネルファンロン ▲カフジバンガード
△ステルヴィオ

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »