« 2018年1月 | トップページ

2018年2月の3件の記事

2018.02.17

フェブラリーS予想 2018

フィギュアスケート男子、五輪連覇を成し遂げた羽生結弦。 ケガからの劇的な復活は見る者の心を揺さぶった。 その翌日のフェブラリーS。 こちらも連覇をめざすゴールドドリームの中心は動かない。 去年はドバイ遠征後、不振が続いていたが、 前走のチャンピオンズカップでは鮮やかな差し切り勝ち。 8番人気の低評価はコーナー4つの中距離が懸念されたゆえだった。 今回は最も得意とする【3100】の東京コースが舞台で、 比較的優位な外枠に入ったとなれば死角はない。 馬名通り“金の夢”を叶えるだろう。 本命と同じゴールドアリュール産駒、サンライズノヴァが相手。 根岸Sはノンコノユメにハナ差、遅れを取ったが、 この馬も府中巧者だ。3番手に先行するテイエムジンソク。

◎ゴールドドリーム ○サンライズノヴァ ▲テイエムジンソク
△インカンテーション、ノンコノユメ、ベストウォーリア、ロンドンタウン

| | コメント (0)

2018.02.11

共同通信杯予想 2018

共同通信杯から皐月賞へ直行、ダービーへという、 王道路線が確立しつつある牡馬クラシック。 今年の共同通信杯は、 京都2歳Sを制したグレイルに無敗で通過してもらいたい。 その前走は一旦、抜け出したタイムフライヤーを 差し切る競馬。タイムフライヤーはホープフルステークスを 快勝してG1ホースになったわけで、グレイルも相当な能力 を秘めているとみるのが妥当だろう。 初の輸送、左回りなど不安材料がないわけではないが、 キャリア2戦馬の死角を突いても仕方がない。 調教も動いており、信頼して良いのではないか。 相手は未勝利を勝ったばかりだがアメリカンワールド。 前走は出色の内容だった。3番手にカフジバンガード。 シンザン記念は出遅れて競馬にならなかったが、 500万下ではグローリーヴェイズ(きさらぎ賞2着)を退けている。 オウケンブルースリ産駒のオウケンムーンにも注目しておきたい。

◎グレイル ○アメリカンワールド ▲カフジバンガード
△オウケンムーン、ステイフーリッシュ、ゴーフォーザサミット、サトノソルタス

| | コメント (0)

2018.02.04

きさらぎ賞予想 2018

新馬戦が圧巻だった皐月賞馬の弟・ダノンマジェスティが 人気を集める、きさらぎ賞。 素質は断然だが、過去10年でキャリア1戦馬は 【0008】と一度も馬券になっていない。 勝てばあっさりだろうが、ここは大振りしてみたい。 本命はキャリア4戦のラセット。 デビュー戦はダートだったが、芝に路線変更して 3戦はいずれも上がり1位。 きさらぎ賞は道中の持続力に加えて、直線の上がりの速さが 求められるレースだが、しぶとく伸びるラセットは嵌り役ではないか。 父モンテロッソはドバイワールドカップを制した馬で、 母系はダイナシュガーに遡る。スタミナに不安はない。 稀有なことに、オーナーの「桂土地」は勝てばカツラノハイセイコ以来、30年以上ぶりの重賞勝利となるそうだ。 相手はダノンマジェスティ、グローリーヴェイズのディープ2騎が本線。

◎ラセット ○ダノンマジェスティ ▲グローリーヴェイズ
△サトノフェイバー、ニホンピロタイド

| | コメント (2)

« 2018年1月 | トップページ