« 京成杯予想 2018 | トップページ | きさらぎ賞予想 2018 »

2018.01.28

シルクロードS・根岸S予想 2018

内枠、先行馬が有利のシルクロードステークス。 本命は京都巧者のダイアナヘイローに打ちたい。 昨夏は500万特別から4連勝して北九州記念を制覇。 勢いを買って挑戦したスプリンターズSは4番人気の 支持を集めたものの、さすがに連戦の疲れが響いて大敗した。 それでもG1の電撃戦で2番手を追走したのは、卓越したスピードがあったゆえ。 4ヶ月かけて立て直し、迎える復帰戦。 京都コースは7戦して【2410】と複勝圏を外したことなく、 調教も上々で勝負になるとみる。 対抗は最内枠のファインニードル、単穴に桜花賞4着のカラクレナイ。

◎ダイアナヘイロー ○ファインニードル ▲カラクレナイ
△アレスバローズ、セイウンコウセイ、ナックビーナス

西の重賞とは対象的に、差し馬が多く好走している根岸S。 去年の覇者、カフジテイクの追い込みに期待したい。 東京1400メートルは3戦3勝と最も得意とする舞台だ。 前走のチャンピオンズカップは展開が向かず着外に敗れたが、 去年のフェブラリーSは1番人気3着と健闘したように実力は上。 東京では“不発”はないと考える。 ここを勝って賞金を積み、陣営はフェブラリーSへの 良きステップにしたい。対抗はサンライズノヴァ。 ムラはあるが、勝つときは鮮やか。 単穴にキングズガード。チャンピオンズカップでは上がり1位で、 距離短縮は好材料だ。

◎カフジテイク ○サンライズノヴァ ▲キングズガード
△アキトクレッセント、ノンコノユメ

|

« 京成杯予想 2018 | トップページ | きさらぎ賞予想 2018 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京成杯予想 2018 | トップページ | きさらぎ賞予想 2018 »