« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月の3件の記事

2017.09.30

スプリンターズS予想 2017

秋のG1開幕。第一弾はスプリンターズステークス。 電撃戦のハナを切るのはフィドゥーシア、ダイアナヘイローか。 ネロやシュウジも先手争いに加われば、前半は32秒台の速めのペースで流れるのではないか。 あまり後ろに構えると届かないレースだけに、 中団から差して来られる馬が狙いになるだろう。 本命は外国産馬、メラグラーナに打ちたい。 人気を裏切った高松宮記念、CBC賞は緩い馬場が敗因とはっきりしている。 大跳びのタイプだけに、おむすび型の中山外回りは得意コース。 重賞を含む3戦3勝と適性は申し分ない。 対抗は昨年の覇者、レッドファルクス。単穴に セントウルSを快勝したファインニードル。

◎メラグラーナ ○レッドファルクス ▲ファインニードル
△ダンスディレクター、レッツゴードンキ、ブリザード

| | コメント (0)

2017.09.18

セントライト記念予想 2017

九州、四国、近畿から北海道と日本列島を北上した台風18号。 中山は大きな影響を受けず、芝は稍重まで回復している。 実力勝負ならクラシックホース・アルアインの優位は動かない。 毎日杯、皐月賞と連勝し、ダービーでもコンマ3秒差。 距離に不安はなく、持久力を問われる展開になりやすい 中山2200メートルは不利な条件ではない。 松山からルメールに屋根が変って初戦、きっちりと勝ちきっておきたいところだ。 相手は2200メートルは2戦2連対のサトノクロニクル。 3番手に横山典弘のミッキースワロー。

◎アルアイン ○サトノクロニクル ▲ミッキースワロー
△クリンチャー、サーレンブラント、プラチナヴォイス

| | コメント (0)

2017.09.10

京成杯AH予想 2017

秋競馬が開幕。この間まで痛いほど強かった陽射しは和らぎ、 朝夕は冷涼とした空気を感じられる季節になった。 中山はハンデ重賞、京成杯オータムハンデ。 土曜の紫苑Sはディアドラが鮮やかな外差しを決めたが、 開幕週だからといって先行勢に狙いを固執する必要はなさそうだ。 勝ち味は遅くとも、堅実な差し脚を繰り出すグランシルク◎。 中山のマイル重賞は2、4、3着と崩れたことがない。 マルターズアポジーが逃げて、そう遅いペースにならなそうなのは好都合。 今回は田辺に乗り替わりになるが、 その鞍上は京成杯AHは過去5年【2111】で掲示板を外したことがなく、 めっぽう得意としている。新しい手綱でキャラ一変といきたいところだ。 相手は夏の好調を維持しているダノンリバティ。 穴は中山が合いそうな牝馬・アスカビレン。

◎グランシルク ○ダノンリバティ ▲アスカビレン
△ブラックスピネル、ポンセルヴィーゾ、マルターズアポジー、ウキヨノカゼ

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »