« 2017年6月 | トップページ

2017年7月の2件の記事

2017.07.16

函館記念予想 2017

1番人気もトップハンデも不振の函館記念。 今年の注目はG1ホース、サトノアレスに集まっており、 同馬の仕掛けを巡って早めからレースは動いていきそう。 馬場も荒れてきた函館なら差し馬が台頭する余地があるかもしれない。 本命は吉田豊のツクバアズマオー。 去年の函館記念はマイネルミラノがマイペースで逃げ切る流れのなか、 中団から差して3着まで押し上げてゴールした。 その後、ディセンバーS、中山金杯と連勝してステークスウイナーの仲間入り。 そうそうたるメンバーが揃った中山記念でも格好はつけていて、 G3クラスなら十分に勝てる実力をつけている。 ステイゴールド産駒らしく洋芝適性は高く、 距離が長かった日経賞の大敗で人気が落ちているのは歓迎だ。 相手は敬意を表してサトノアレス。単穴に休み明け走るルミナスウォリアー。 ハンデは手頃で逆転もあるか。

◎ツクバアズマオー ○サトノアレス ▲ルミナスウォリアー
△アングラフェイン、マイネルミラノ、ヤマカツライデン、サクラアンプルール

| | コメント (0)

2017.07.09

七夕賞予想 2017

夏、福島の名物重賞は七夕賞。 ことしも展開とハンデの効き方で着順がゴロゴロ変わりそうなメンバーが揃った。 独り旅、マルターズアポジーの刻むラップ次第のところはあるが、 思い切って追い込み馬から逆張りしてみたい。 本命はスズカデヴィアス。 去年暮れに脚質転換して重賞では金鯱賞3着、鳴尾記念4着と 上位争いに加わってきた。鞍上はベテラン・横山典弘で、 ペース判断や仕掛けどころを間違えることはなかろう。 相手は休養明けもゼーヴィント、 ブリンカー効果で堅実なレースぶりのマイネルフロスト。

◎スズカデヴィアス ○ゼーヴィント ▲マイネルフロスト
△マルターズアポジー、ヴォージュ、ソールインパクト、フェルメッツァ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ