« 天皇賞春回顧 キタサンブラックがレコードで連覇 
死力を尽くした名勝負が胸を打つ
| トップページ | NHKマイルC回顧 人気馬惨敗に競馬の難しさを痛感 »

2017.05.07

NHKマイルC予想 2017

確たる逃げ馬不在のNHKマイルC。 時計の出やすい東京の馬場でペースが落ち着くようなら、 外差しや追い込みは決まりづらくなる。 狙ってみたいのは内の3番枠に入ったアウトライアーズ。 2000メートルの百日草特別でアドマイヤミヤビ、カデナと接戦したことはあるものの、 最もパフォーマンスを発揮できたのはマイルのひいらぎ賞だった。 締まった流れのなか、後半も【12.3-12.2-11.8-11.7】とゴールまで加速していくラップ。 アウトライアーズは外を回して豪快に突き抜けた。 1馬身半遅れて2着ウインブライト(スプリングS)、3着ナイトバナレット(ジュニアC)、 4着エトルディーニュ(共同通信杯2着)と実力馬が上位を占めたハイレベルな一戦だった。 3歳の始動戦、スプリングSは仕上がり途上ながら2着。 皐月賞は先行馬か内の差し馬しか勝負にならない展開で、 外から追い込んだアウトライアーズにとっては参考外の結果だ。 もとより陣営の照準は皐月賞ではなく、NHKマイルC。 牝馬に人気が集まっている状況でマークも緩くなるだろう。 対抗は桜花賞が好内容がだったアエロリット。今回はある程度、前につけるのではないか。 単穴には皐月賞組からプラチナヴォイス。激走が目立つ二桁人気のなかでは魅力的な存在だ。 単を厚めに、連は広く。

◎アウトライアーズ ○アエロリット ▲プラチナヴォイス
△レッドアンシェル、ディバインコード、カラクレナイ、モンドキャンノ

|

« 天皇賞春回顧 キタサンブラックがレコードで連覇 
死力を尽くした名勝負が胸を打つ
| トップページ | NHKマイルC回顧 人気馬惨敗に競馬の難しさを痛感 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天皇賞春回顧 キタサンブラックがレコードで連覇 
死力を尽くした名勝負が胸を打つ
| トップページ | NHKマイルC回顧 人気馬惨敗に競馬の難しさを痛感 »