« 皐月賞回顧 アルアインが叩き合い制す 
松山の“剥き出しの必死さ”ゆえに勝利は尊い
| トップページ | フローラSを終えて 混沌とする牝馬クラシック »

2017.04.23

フローラS予想 2017

オークスへの出走権を賭けたフローラS。 人気でもホウオウパフュームを軸に据えないわけにはいかない。 前走の寒竹賞は大外一気で牡馬をなで斬りにする強い内容だった。 レースの上がり3ハロンは「12.3-12.0-11.8-11.5」と加速するラップだったが、 最後は流す余裕がありつつ2分1秒5でゴール。 翌週の京成杯よりも1秒速かった。 寒竹賞の後は桜花賞には目もくれず、オークスを狙って休養に入っていた。 前々走の未勝利戦は東京で勝ち上がったように左回りも心配はない。 むしろ、府中で好走するハーツクライ産駒であることを考えれば、 より高いパフォーマンスを発揮できる可能性もある。好枠から差し切り勝ちを収めるとみた。 相手は順当ならフローレスマジックか。東京のアルテミスSでリスグラシューの2着と 好走している実力馬。ただ、追い切りで気難しいところを見せたのが気がかり。 凡走もあり得る。出遅れ癖で展開次第ではあるが、共同通信杯でも良いところがあった ビルズトレジャーが穴。以下、ファンディーナに食い下がったタガノアスワド、 底を見せていないレッドコルディス、阪神JF4着のディーパワンサなどをあげておく。

◎ホウオウパフューム ○フローレスマジック ▲ビルズトレジャー
△タガノアスワド、レッドコルディス、ディーパワンサ、キャナルストリート

|

« 皐月賞回顧 アルアインが叩き合い制す 
松山の“剥き出しの必死さ”ゆえに勝利は尊い
| トップページ | フローラSを終えて 混沌とする牝馬クラシック »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 皐月賞回顧 アルアインが叩き合い制す 
松山の“剥き出しの必死さ”ゆえに勝利は尊い
| トップページ | フローラSを終えて 混沌とする牝馬クラシック »