« フローラS予想 2017 | トップページ | 天皇賞春予想 2017 »

2017.04.26

フローラSを終えて 混沌とする牝馬クラシック

「ことしの3歳牝馬は最強世代」なる下馬評は本当だったのか。フローラSを終えて、そうした思いを強くしたファンは多いだろう。寒竹賞で牡馬を豪快に差し切り、この世代の評判をいっそう強固にしたホウオウパフューム。スローペースに絡め取られたとはいえ、見せ場もなく着外に敗れてしまった。前走の内容を考えれば走らなさすぎではあるが、陣営も「横綱相撲で勝てるほど甘くなかった」と言っているように力負けとされても仕方ない結果だった。レースは内を伸びたハービンジャー産駒のワンツー。長い芝丈が合うのか、この時期が得意なのか。モズカッチャンの勝利は鮮やかで、ヤマカツグレースも血統的に魅力的ではあるが、勝ち時計は平凡でオークスにはつながらないと思う。3着のフローレスマジックが本番までに調子をグッとあげてくれば怖いが、兄弟のように本格化は秋以降だろう。

桜花賞の前は、絶対女王ソウルスターリングに、別路線を進んできたアドマイヤミヤビとホウオウパフュームが挑むというのが、牝馬クラシックの構図だった。そして、フラワーCを制したファンディーナはダービーに向かうと。だが、すべての馬に土がつき、皐月賞1番人気のファンディーナは樫に出走できるかも怪しい状態だ。もう1頭、一部で注目されていたルヴォワールも、ミモザ賞を楽勝した後に脚元を腫らして、春を全休せざるを得なくなった。ただ、新興勢力の台頭がないなかでは、オークスは例年通り、桜花賞組が上位を争うことになると考える。順当ならソウルスターリング、アドマイヤミヤビ、リスグラシューが力は上だと思うが、牝馬は一度、体調面で躓くと、立て直しは容易ではない。中間、しっかりと負荷をかけられるか、調子を見極めなくてはならない。つい先日まで、これほどオークスが混沌とするとは思っていなかったわけで、改めてクラシックは難しい。

|

« フローラS予想 2017 | トップページ | 天皇賞春予想 2017 »

競馬日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/65197832

この記事へのトラックバック一覧です: フローラSを終えて 混沌とする牝馬クラシック:

« フローラS予想 2017 | トップページ | 天皇賞春予想 2017 »