« 高松宮記念予想 2017 | トップページ | 大阪杯予想 2017 »

2017.03.28

ドバイWC回顧 世界最強馬の勝ち方は“ハリウッド”

「これで勝つようならハリウッド映画じゃないか」、そうアメリカの バファート師は思ったという。 ゲートで出遅れ、挟まれて最後方に押しやられたアロゲート。 それでも速脚を使って馬群に取り付くと、3コーナー手前から一気に加速する。 泥だらけになりながら隙間を縫うように中団まであがっていく。 勢いは衰えることなく、4コーナーは外を回して先団へ。 内から膨らんできた相手を弾き飛ばし、直線は粘り込みを図る2頭をめがけて襲いかかった。 残り200メートル、ガンランナーを外から捻じ伏せると、あとは独壇場だった。 2馬身のセーフティーリードを広げると、手綱を抑えて悠々とゴール。 何たるエンジンの凄さ。信じられないパフォーマンス。まさにハリウッドな勝ち方だ。 第22回ドバイワールドカップの覇者となったアロゲートは、アンブライドルズソング産駒の4歳牡馬。 BCクラシックではカリフォルニアクロームを破り、 前走は世界最高賞金のペガサスワールドカップを圧勝していた。 世界一のダート馬の勝ち方とはかくなるものか。 アロゲートのような馬を生み出す、アメリカ競馬の深遠さを感じずにはいられなかった。

アロゲートと対戦した日本勢は、アウォーディーの5着が最高だった。 一昨年、オールウェザーからダートに戻ったワールドカップは 日本馬が好走するには厳しいレースになった。その中で最後まで食らいついていったアウォーディー、 最後方から8着まで追い上げたラニの兄弟は大いに健闘したと言えるだろう。 一方、去年はラニが制したUAEダービー。国内無敗のエピカリスがハナを切り、ゴールまでサンダースノーと一騎打ち。 わずかに短頭差だけ交わされたが、世界レベルの実力があることを証明できた。 次走は渡米し、プリークネスSかベルモントSに挑むという。 キャロットクラブの出資者にとって夢のようなクラシックシーズンになるだろう。 そして、日本馬が得意とするドバイターフ。リアルスティールに続く日本馬の優勝は 難しかろうという大勢の見方を覆し、4歳牝馬のヴィブロスが海外初遠征で大金星をあげた。 鞍上のモレイラは強風を嫌って他馬を風よけに、後方3番手にポジショニング。 4コーナー、内を回って順位を押し上げる。直線では残り400メートルから外へ持ち出し、 ディープ牝馬らしい鋭い脚で差し切ったのだった。佐々木主浩オーナーの強運と名手の戦術が 栄冠を引き寄せた。秋はアメリカ遠征も視野にあるというから楽しみだ。

ドバイ国際競走の翌日、国内では高松宮記念が行われた。 私は凖メインに出資馬が出走することもあって、初めて中京競馬場に遠征することにした。 あいにくの雨模様で、午前中は内の逃げ馬が有利な馬場状態だったが、 レースが続くに連れて芝は掘り返され、傾向は読みづらくなった。 この馬場をまったく苦にしなかったのがセイウンコウセイ。 好発4番手から競馬を進めると、絶好の手応えで直線へ。馬場の真ん中に持ち出されると、 内でもがくライバルを悠々と追い抜き、先頭でゴール板を駆け抜けた。 これが初重賞勝ちとは思えない、威風堂々たる完勝であった。 ニシノ・セイウン軍団としてはセイウンスカイの菊花賞以来のビッグタイトルだが、 西山茂行オーナーの名義としては初G1制覇になる。桜井牧場(静内)は家族3人と従業員1人で 繁殖12頭を世話する小さな生産者。こちらも初めてのG1勝ち。 名門オーナーと家族経営の牧場の栄誉は、競馬界に彩りを与える。心からお祝い申し上げたい。 私が本命にしたレッツゴードンキは内を突いて2着。今回もプラス体重だったが、昨夏から30キロも馬体は大きくなった。 スプリンターとして本格化している。シュウジ、メラグラーナ、ソルヴェイグあたりは悪馬場に 対応できなかった。

|

« 高松宮記念予想 2017 | トップページ | 大阪杯予想 2017 »

競馬日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高松宮記念予想 2017 | トップページ | 大阪杯予想 2017 »