« フラワーC予想 2017 | トップページ | 高松宮記念予想 2017 »

2017.03.22

フラワーC圧勝の衝撃 ファンディーナの次走はどこに?

種牡馬としてシンザンを繋養していたことでも知られる谷川牧場。 数多の名馬を輩出してきた日高の名門である。 古くはタケホープ、ミナガワマンナから、近年はサクセスブロッケン、インカンテーションなど枚挙にいとまがない。 ヒシアマゾンと競ったオークス馬・チョウカイキャロルも生産馬で、 いまも彼女は功労馬として牧場で余生を過ごしている。 23年前、チョウカイキャロルは1番人気に推されたフラワーCで3着に敗れたが、 同じ牧場で生まれた後輩は衝撃的な強さで快勝し、ファンの度肝を抜くことになった。 ファンディーナは500キロを超える、ディープらしくないディープ牝馬だが、 柔らかく、大きなストライドで飛ぶように走る姿は父を彷彿とさせる。 レースではスピードの違いでハナに立とうとするところ、 鞍上の岩田が宥めると2番手で折り合った。道中は楽々と弾むように走っている。 ゾクッとしたのは4コーナーだ。わずかに手綱をしごかれると、次の瞬間、ヒュンと加速。 あとは持ったまま差を広げていく。直線では岩田がターフヴィジョンをマジマジと見る余裕があった。 まるでファンディーナだけが、他馬と異なる時空にいるかのような光景だった。 時計は問題ではない。ただただ強さが違っていた。

ファンディーナはターファイトクラブの所属馬で、1口9万円の500口、 総額4500万円で募集された。フランス産の母・ドリームオブジェニーは タタソールズ・ディセンバー繁殖セールを経て導入され、1つ上の兄・ ナムラシングンを産んでいる。一族にはバゴらがいる。 ディープインパクト×Pivotalの配合はダノンジェラート(セントライト記念3着)、 ワールドインパクト(青葉賞2着)の兄弟と同じ。やはり芝の中距離以上で真価を発揮するタイプだろう。 レース後、メディアの関心はファンディーナの次走に集まっている。 普通ならば桜花賞ということになろうが、デビュー3戦とも1800メートルを使ってきており、 いずれもスローペースの競馬だった。速いラップの刻まれる多頭数の桜花賞で、 リズムを崩すようなことになれば将来に影響が出る。 マイルがベストに思えるソウルスターリングという強敵もいる。 初めてのG1欲しさにクラブが桜参戦を強硬に主張しなければ、日本ダービー、もしくはオークスを目標にして 次走が決まるのではないか。管理する高野師はショウナンパンドラを エリザベス女王杯でなくジャパンカップに向かわせて勝利した成功体験もある。 いずれにせよ、ひさしぶりに日高の名門が輩出した女傑の未来が楽しみでならない。

皐月賞トライアル、スプリングSはウインブライトが制した。 拙ブログでは本命を打っていたが、単勝8倍の5番人気は美味しい配当だった。 中山1800メートルをマクって勝ち切ったのは前走と同じ。 このコースは滅法得意なのだろう。ただ、馬体は仕上げられていた分、 ここがピークという気がする。皐月賞で上位に食い込むのは難しかろう。 むしろ、2着のアウトライアーズの方が上積みがある。1番人気の2歳王者・サトノアレスは4着に敗れた。 スタートダッシュつかず追い込みにかけたが、差し切るだけの脚はなかった。 朝日杯で2着だったモンドキャンノがブービーだったのは負けすぎにしても、 同レース組のレベルに疑問符がついたのは認めざるを得まい。 ワールドインパクトの半弟、トリコロールブルーは5着。府中で見直したい。 西の阪神大賞典はサトノダイヤモンドが有馬記念以来の勝利。 直線では先に抜けたシュヴァルグランに狙いを定め、1完歩ずつ追い詰めて交わしさった。 これで神戸新聞杯から4連勝となったが、王者の風格を纏うようになった。 天皇賞春でのキタサンブラックとの再戦が待ち遠しい。

|

« フラワーC予想 2017 | トップページ | 高松宮記念予想 2017 »

競馬日記」カテゴリの記事

コメント

一口9万円ですね

投稿: | 2017.03.22 12:48

失礼しました。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2017.03.23 03:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フラワーC予想 2017 | トップページ | 高松宮記念予想 2017 »