« 中山記念回顧 賢兄賢弟・ネオリアリズムが制す | トップページ | スプリングS予想 2017 »

2017.03.12

フィリーズレビュー予想 2017

順当ならばハイレベルの阪神JFで3着したレーヌミノルで堅いレース。 クイーンCでは逃げて敗れたが、距離短縮になって死角はなくなる。 だが、そんな実力馬を脇に置きつつ、 本命を打ってみたいと思わせる馬がいる。 ダートながら2戦2勝で参戦してきたタガノカトレアだ。 前走は牝馬限定の500万とはいえ、1頭だけ次元の違う競馬をしているように突き抜けた。 軽くあしらった2着馬は次走、牡馬相手に完勝している。 母タガノチャーリーズはスプリント時代のフェアリーSで3着するなど 芝で活躍しており、血統的にもダート専用とは思えない。 やや内の4枠に入ったのもプラスに作用するはずで、 ロスない競馬が運べれば逆転の目もあり得る。 フィリーズレビューは軽いスピードだけでなくスタミナも問われるレース。 未知の魅力に賭けてみたい。

◎タガノカトレア ○レーヌミノル ▲ジューヌエコール
△カラクレナイ、ゴールドケープ、アズールムーン、シグルーン

|

« 中山記念回顧 賢兄賢弟・ネオリアリズムが制す | トップページ | スプリングS予想 2017 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山記念回顧 賢兄賢弟・ネオリアリズムが制す | トップページ | スプリングS予想 2017 »