« フラワーC圧勝の衝撃 ファンディーナの次走はどこに? | トップページ | ドバイWC回顧 世界最強馬の勝ち方は“ハリウッド” »

2017.03.25

高松宮記念予想 2017

有力馬不在のスプリント戦線。日曜の名古屋は50%の雨予報ということもあって、いっそう競馬予想も難解になる。人気でも道悪が苦手なメラグラーナあたりは軸に据えづらい。狙ってみたいのは、前走で長いトンネルを抜けたレッツゴードンキだ。桜花賞をまんまと逃げ切ってから、オークス、秋華賞と駒を進めたものの低迷。ずっと不調が続いていたが、昨秋の地方交流重賞参戦あたりから上昇気配が感じられるようになった。そして、年明けの京都牝馬Sでは鮮やかな差し切りで約2年ぶりの勝利を上げた。前走は1400メートル戦だったが、レッツゴードンキは抑えるのに苦労して道中、鞍上は手綱を引っ張り続けたまま。陣営は様々な条件を試してはきたが、この馬のスピード値を考えれば1200メートル戦が最も能力を発揮できる舞台ではないか。高松宮記念は5歳馬が好成績を残しているのもレッツゴードンキを後押しする。主戦の岩田康誠は去年、重賞を1つも勝てないなど、こちらもスランプに苦しんでいた。だが、今年になって重賞3勝。ファンディーナという至宝も手に入れた。レッツゴードンキともどもコンビで完全復活を遂げてほしい。

◎レッツゴードンキ ○レッドファルクス ▲セイウンコウセイ
△ソルヴェイグ、シュウジ、メラグラーナ、フィエロ

|

« フラワーC圧勝の衝撃 ファンディーナの次走はどこに? | トップページ | ドバイWC回顧 世界最強馬の勝ち方は“ハリウッド” »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フラワーC圧勝の衝撃 ファンディーナの次走はどこに? | トップページ | ドバイWC回顧 世界最強馬の勝ち方は“ハリウッド” »