« 馬に恩返しできる“ふるさと納税”2つ 引退馬支援も  | トップページ | 京成杯予想 2017 »

2017.01.08

シンザン記念&フェアリーS予想 2017

かつてはクラシックに縁なしと言われたシンザン記念も、 ダイワスカーレット、オルフェーヴル、ジュエラーなどを輩出し、登竜門のような レースへと大きく変わった。今年も楽しみな逸材が参戦してきた。 ペルシアンナイト◎。ここまで3戦2勝し、 土がついたアイビーSも2歳女王ソウルスターリングと争ってのもの。 敗れたのは位置取りの差で、上がりは勝ち馬と同じだった。 前走の500万特別は着差以上の完勝だった。 内枠の先行馬が流れ込むケースが多い正月の京都で、 5番枠に入ったのも好材料だろう。ハービンジャーの代表産駒になる気がする。 相手は人気もディープインパクト産駒のアルアイン。 穴は大外を引いたものの、デビュー2連勝の内容の良かった関東馬・コウソクストレート。

◎ペルシアンナイト ○アルアイン ▲コウソクストレート
△タイセイストーリー、トラスト、ブレイヴバローズ、マイスタイル

同日に行われるシンザン記念とは正反対に、 年明けに移行されてからG1級の馬はお目見えしなくなったフェアリーS。 過去7年で6年も二桁人気馬が連対している波乱のレースだ。 ここは積極的にお年玉を狙ってみたい。 内枠からすんなりとハナが奪えそうなツヅク◎。 中山は新馬勝ちした相性の良いコースで、 このときも展開に恵まれたというより二枚腰で後続を退けた強い内容だった。 2戦目のアルテミスSはレベルの高いレースになったが、 ハナを切って直線半ばまで先頭を譲らず。 早々に飲み込まれるどころか粘って伸びようとするのだから、力のない馬にできる芸当ではない。 マツリダゴッホ×フサイチコンコルドの血統は今の力のいる馬場は歓迎だ。 鞍上が大穴男、江田照なのも良い。相手は人気のアエロリットら、薄く広くいきたい。

◎ツヅク ○アエロリット ▲コーラルプリンス
△ブラックオニキス、ヒストリア、キュイキュイ、モリトシラユリ、パフォーム、キャスパリーグ

|

« 馬に恩返しできる“ふるさと納税”2つ 引退馬支援も  | トップページ | 京成杯予想 2017 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬に恩返しできる“ふるさと納税”2つ 引退馬支援も  | トップページ | 京成杯予想 2017 »