« 朝日杯フューチュリティS予想 2016 | トップページ | 有馬記念回顧 死力を尽くした3頭が新たな伝説をつくる »

2016.12.25

有馬記念予想 2016

今年の有馬記念、予想は悩めば悩むほど答えが見いだせなくなった。 ジャパンカップで神の領域に達したと思えたほど 強い勝ち方をしたキタサンブラック。 小回りの中山に変わるのは好材料だが、前走のような一人旅をライバル陣営は許してくれまい。 だが、展開を予測するのは難解だ。 逃げ宣言をしているマルターズアポジーは北島三郎氏に世話になっている武士沢が鞍上。 キタサンブラックの邪魔になるような競馬をするはずがない。 しかし、JC、有馬の連覇を阻止したいノーザングループは 先行力あるサムソンズプライド、ムスカテールの2騎を参戦させてキタサンブラックに プレッシャーをかけるだろう。それら先行集団をみるゴールドアクター、 サトノダイヤモンドはいつ仕掛けるか。消耗戦になったとき、 マリアライト、デニムアンドルビーら追い込み勢に出番はあるのか。 迷うときには若い世代の台頭に賭けてみよう。3歳馬、サトノダイヤモンドを本命にする。 皐月賞、日本ダービーは惜敗したが、菊花賞は同世代をまったく寄せ付けることなく完勝。 ラップも極めて優秀だった。菊から間隔を開けて、万全の態勢で挑む大一番。 かつてディープインパクトを完封したルメールの手綱に託してみる。 相手はもちろんキタサンブラック、ジャパンカップの調整失敗を糧にするゴールドアクター。

◎サトノダイヤモンド ○キタサンブラック ▲ゴールドアクター
△サウンズオブアース、シュヴァルグラン、マリアライト、アドマイヤデウス

|

« 朝日杯フューチュリティS予想 2016 | トップページ | 有馬記念回顧 死力を尽くした3頭が新たな伝説をつくる »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

お見事でした。

投稿: | 2016.12.26 05:40

ありがとうございます。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2016.12.29 04:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/64673212

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念予想 2016:

« 朝日杯フューチュリティS予想 2016 | トップページ | 有馬記念回顧 死力を尽くした3頭が新たな伝説をつくる »