« エリザベス女王杯予想 2016 | トップページ | ジャパンカップ予想 2016 »

2016.11.20

マイルCS予想 2016

ゼンノエルシドがマイルチャンピオンシップを制したのは、 ちょうど15年前になる。カーリアン産駒の良血馬で、 あり余るスピードを備えていた同馬。一方で気性的な難しさも抱えていて、 勝ち負けの差がはっきりしていた。京成杯AHを4馬身差で快勝したものの スプリンターズSで大敗。しかし、続くマイルCSは10番人気の 低評価を覆して勝利を収めた。今年、似たような臨戦過程を 辿るのがロードクエスト。 初めての古馬との対戦となった京成杯AHで鮮やかな勝利。 富士Sはリズムに乗れずに9着と敗れたが、2走ボケの類で参考外だろう。 春はクラシックをめざしたが、新潟2歳Sの衝撃を思い起こせば マイルがベストであることは明らか。NHKマイルCも逃げる メジャーエンブレムに僅差まで詰め寄った。 今回、内枠を引いたロードクエストは後方で脚を溜める。 スタートで後手を踏むのがウィークポイントだが、直線入り口で 京都外回りは進路が開く。近年、3歳馬の成績は芳しくないが、 隣枠にあやかってヤングマンパワーを爆発させてほしい。 相手は本格化なったサトノアラジン。単穴に牝馬、マジックタイム。

◎ロードクエスト ○サトノアラジン ▲マジックタイム
△ディサイファ、フィエロ、ヤングマンパワー、イスラボニータ、ミッキーアイル

|

« エリザベス女王杯予想 2016 | トップページ | ジャパンカップ予想 2016 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エリザベス女王杯予想 2016 | トップページ | ジャパンカップ予想 2016 »