« マイルCS予想 2016 | トップページ | チャンピオンズC予想 2016 »

2016.11.26

ジャパンカップ予想 2016

実力から言えば、キタサンブラックとゴールドアクターが 一枚も二枚も上の今年のメンバー。 だが、スローで流れやすく、瞬発力勝負になることが多いジャパンカップは 両頭ともベストの舞台ではない。 とりわけ、全馬にマークされることになる1番人気馬が 逃げ切るのは容易なことではない。 データが推すのはリアルスティール。 JCは天皇賞秋組が圧倒的な良績を残しているが、 今年、参戦するのは2頭だけだ。リアルスティールはディープインパクト産駒、 ノーザンファーム産で、斬れ味の鋭さを身上とする馬。 難点は折り合いの難しさだが、ドバイターフで完璧に馬を押さえ込んで 勝利に導いたムーアの手に戻るなら心配はしない。 調整が上手くいかず毎日王冠を回避し、天皇賞秋は8分のデキ。 叩かれて体調は上昇しており、外差しの馬場を突き抜けるのではないか。 相手はもう一頭の天皇賞秋組、ルージュバック。 JCは牝馬が強いレース。前走はリアルスティールに蓋をされて エンジンがかけられなかったが、伸び伸びと走ることさえできれば牡馬にも力負けしない。 3番手に敬意を表してキタサンブラック。大穴なら3歳牝馬のビッシュか。

◎リアルスティール ○ルージュバック ▲キタサンブラック
△ビッシュ、ディーマジェスティ、トーセンバジル、ゴールドアクター

|

« マイルCS予想 2016 | トップページ | チャンピオンズC予想 2016 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/64547688

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ予想 2016:

« マイルCS予想 2016 | トップページ | チャンピオンズC予想 2016 »