« 凱旋門賞展望 マカヒキが立ち向かう強敵と難コース | トップページ | 毎日王冠予想 2016 »

2016.10.02

スプリンターズS予想 2016

最内枠を引いたことで、1番人気のビッグアーサーに一抹の不安が生じている。 前走のセントウルSではハナを切って完勝する思わぬ展開だっただけに、 今回も同じレースをすればゴール前で失速するのではないかというのだ。 ビッグアーサーにとって内で包まれたくないだろうし、 ならば強引にでも先手を奪いに行くことも考えられる。 だが、1度のレースだけで何が何でもハナに立たなければならない馬に変わるわけでもない。 むしろ、戦法の幅が広がったと解釈するほうが自然だろう。 デビューから5連勝し、重賞の壁にぶつかりはしたものの、 サクラバクシンオー産駒らしくグッと成長して高松宮記念を制覇。 勝ちっぷりは父を彷彿とさせる威風堂々としたものだった。 直線で待ち受ける中山の急坂を捻じ伏せてこそ、 真のスプリントチャンピオンとして認められる。 対抗は爆発力あるダンスディレクター。休み明けを使われて急上昇している。 3番手にビッグアーサーをマークするミッキーアイル。 また過去10年、3着馬はすべて5番人気以下で、平均は8.7番人気と大荒れの模様。 スノードラゴン、サクラゴスペルほか、マカヒキの妹・ウリウリなど人気のないところを狙ってみたい。

◎ビッグアーサー ○ダンスディレクター ▲ミッキーアイル
△スノードラゴン、サクラゴスペル、ウリウリ、ネロ、レッドファルクス

|

« 凱旋門賞展望 マカヒキが立ち向かう強敵と難コース | トップページ | 毎日王冠予想 2016 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/64285996

この記事へのトラックバック一覧です: スプリンターズS予想 2016:

« 凱旋門賞展望 マカヒキが立ち向かう強敵と難コース | トップページ | 毎日王冠予想 2016 »