« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の3件の記事

2016.09.25

オールカマー予想 2016

有馬記念勝ち馬と宝塚記念の勝ち馬、 2頭のグランプリホースの一騎打ちの様相を呈しているオールカマー。 実力通りなら両馬ですんなりと決まるはずだが、 過去10年、1、2番人気が揃って連を外したことはないものの、 ワンツーでフィニッシュしたことがないのは不思議なところ。 どちらを軸にすべきか。評価は難しいが、ゴールドアクターを上位に取りたい。 中山コースは5戦して4連対。その中には有馬記念と日経賞の 勝利が含まれているコース巧者。前走の天皇賞春は1番人気を裏切ったが、 輸送でまったく力を出せなかったのが敗因だ。 5ヶ月の休養を経て、調子は取り戻せたとみる。 対抗はマリアライトだが、一角を崩せば先行勢か。 菊花賞2着とスタミナに不安のないサトノノブレス。 中山2200らしい持続力の問われる展開になれば、思わぬ粘り腰に驚かされるかもしれない。

◎ゴールドアクター ○マリアライト ▲サトノノブレス
△クリールカイザー、ショウナンバッハ、ツクバアズマオー、ワンアンドオンリー

| | コメント (0)

2016.09.18

セントライト記念予想 2016

馬場の悪化が気になるセントライト記念だが、 ディーマジェスティの優位は動かない。 大外一気の剛脚でサトノダイヤモンドを差し切り、 追い込むマカヒキを退けた皐月賞レコードは圧巻だった。 それがフロックでないことを証明したのが日本ダービーの3着。 中間に一頓挫あったことを考えると、 マカヒキと半馬身差は相当なものだ。 夏場、じっくりと休養して疲労は取れ、仕上がりは良好。 人気馬がコロッと負けることもあるトライアルレースだが、 他馬とは実力が一枚も二枚も違うとみる。対抗はメートルダール。 ノーザン系はアルカサル、アップクォークを自己条件に回しつつ、 セントライト記念に5頭出走させてきたが、 本賞金900万円のメートルダールには優先権を獲らせておきたいところ。 3番手にゼーヴィント。 前走のラジオNIKKEI賞は上手く乗った感じだったが、戸崎は重賞騎乗機会9連続連対中と勢いある。 負けたのはすべて左回りで、まだ底は割れていない。

◎ディーマジェスティ ○メートルダール ▲ゼーヴィント
△マウントロブソン、プロフェット、ブロディガルサン、ステイパーシスト

| | コメント (0)

2016.09.11

京成杯AH予想 2016

過去10年、1番人気は【0019】と連にさえ絡んでいないハンデ重賞、京成杯オータムハンデ。 前走着順や実績よりもコース適性を重視することが的中への近道のようだ。 本命は中山巧者、ダイワリベラル。 斬れる脚はないが、ダイワメジャー産駒らしい粘り腰が持ち味だ。 昨冬、凖オープン、ニューイヤーSと連勝してオープン入りしたときは、 内枠を活かしたのが勝因だった。1番枠を引いた今回、 強力な逃げ馬はなく、包まれるリスクを嫌えば積極的な競馬をせざるを得ない。 北村宏はダイワリベラルに騎乗したレースは、いずれも2番手から4番手あたりにつける競馬をしているから、 ロスなく回って押し切ろうと考えているはずだ。 まだ重賞で連対した経験はないが、ダービ卿CTではロゴタイプ、サトノアラジンの 安田記念上位組と接戦しており、格負けはしないとみる。 多少の雨も味方になるだろう。 相手は休み明けもG1馬のダノンプラチナ、 単穴にハナを奪うと匂わせているピークトラム。

◎ダイワリベラル ○ダノンプラチナ ▲ピークトラム
△ロードクエスト、ダンスアミーガ、ダノンリバティ、ラングレー

| | コメント (1)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »