« セントライト記念予想 2016 | トップページ | 凱旋門賞展望 マカヒキが立ち向かう強敵と難コース »

2016.09.25

オールカマー予想 2016

有馬記念勝ち馬と宝塚記念の勝ち馬、 2頭のグランプリホースの一騎打ちの様相を呈しているオールカマー。 実力通りなら両馬ですんなりと決まるはずだが、 過去10年、1、2番人気が揃って連を外したことはないものの、 ワンツーでフィニッシュしたことがないのは不思議なところ。 どちらを軸にすべきか。評価は難しいが、ゴールドアクターを上位に取りたい。 中山コースは5戦して4連対。その中には有馬記念と日経賞の 勝利が含まれているコース巧者。前走の天皇賞春は1番人気を裏切ったが、 輸送でまったく力を出せなかったのが敗因だ。 5ヶ月の休養を経て、調子は取り戻せたとみる。 対抗はマリアライトだが、一角を崩せば先行勢か。 菊花賞2着とスタミナに不安のないサトノノブレス。 中山2200らしい持続力の問われる展開になれば、思わぬ粘り腰に驚かされるかもしれない。

◎ゴールドアクター ○マリアライト ▲サトノノブレス
△クリールカイザー、ショウナンバッハ、ツクバアズマオー、ワンアンドオンリー

|

« セントライト記念予想 2016 | トップページ | 凱旋門賞展望 マカヒキが立ち向かう強敵と難コース »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セントライト記念予想 2016 | トップページ | 凱旋門賞展望 マカヒキが立ち向かう強敵と難コース »