« 京成杯AH予想 2016 | トップページ | オールカマー予想 2016 »

2016.09.18

セントライト記念予想 2016

馬場の悪化が気になるセントライト記念だが、 ディーマジェスティの優位は動かない。 大外一気の剛脚でサトノダイヤモンドを差し切り、 追い込むマカヒキを退けた皐月賞レコードは圧巻だった。 それがフロックでないことを証明したのが日本ダービーの3着。 中間に一頓挫あったことを考えると、 マカヒキと半馬身差は相当なものだ。 夏場、じっくりと休養して疲労は取れ、仕上がりは良好。 人気馬がコロッと負けることもあるトライアルレースだが、 他馬とは実力が一枚も二枚も違うとみる。対抗はメートルダール。 ノーザン系はアルカサル、アップクォークを自己条件に回しつつ、 セントライト記念に5頭出走させてきたが、 本賞金900万円のメートルダールには優先権を獲らせておきたいところ。 3番手にゼーヴィント。 前走のラジオNIKKEI賞は上手く乗った感じだったが、戸崎は重賞騎乗機会9連続連対中と勢いある。 負けたのはすべて左回りで、まだ底は割れていない。

◎ディーマジェスティ ○メートルダール ▲ゼーヴィント
△マウントロブソン、プロフェット、ブロディガルサン、ステイパーシスト

|

« 京成杯AH予想 2016 | トップページ | オールカマー予想 2016 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京成杯AH予想 2016 | トップページ | オールカマー予想 2016 »