« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の2件の記事

2016.08.20

札幌記念予想 2016

北海道シリーズの祭典、札幌記念。 しかし、近づく台風と前線の影響で天気は荒れ模様になりそう。 普通なら負けるはずのないモーリスも、 小回りコースの不良馬場では一筋縄ではいくまい。 一本かぶりのオッズを鑑みて、波乱を起こしそうな馬から入ってみたい。 ヤマカツエース◎。福島記念、中山金杯を連勝したように 2000メートルはもっとも得意とする舞台。 昨夏、3歳で挑んだ函館記念は3着、 札幌記念も4着と洋芝適性もある。 重賞勝ちのうち福島記念は重馬場でミトラを封じ込めたもので、 同じく重馬場だた京都記念も僅差の2着争いに加わっており、 他馬が苦にする雨を味方につけることができるだろう。 好枠から2番手あたりにポジショニングできれば、 コースと馬場を利してモーリスを封じ込められるかもしれない。 対抗はモーリスになるが、単穴にレインボーラインを推す。 母系に重の鬼、レインボーアンバーの名前も見える3歳馬。 NHKマイルはメジャーエンブレムとコンマ1秒差、 出遅れたダービーはマカヒキとコンマ7秒差なら、 あっと言わせる実力がある。

◎ヤマカツエース ○モーリス ▲レインボーライン
△レッドソロモン、ヌーヴォレコルト、ネオリアリズム

| | コメント (0)

2016.08.14

関屋記念予想 2016

最近の関屋記念には目立った傾向がある。 2010年以降、3番手以内で先行した馬が必ず連対しているのだ。 659メートルある直線は差し馬に有利に働きそうだが、 前半の流れは落ち着くことが多く、平坦な馬場を味方につけて先行馬が粘り込むというわけだ。 得てして、こうした傾向は一夜にしてひっくり返されるものではあるが、 今年、逆張りするだけの理由も見つからない。 ならば、面白そうな先行馬から。ラングレー◎。 全弟にリアルスティール、ブロディガルサンがいる良血で、 かつてはラングレーもクラシックを嘱望された馬。なかなか本格化できなかったが、 新境地を開拓しようと年が明けて挑んだマイル戦で連勝。 初のオープン勝ちを果たした。前走のエプソムCは荒れた馬場が合わずに勝負にならなかったが、 1ハロン短縮してパンパンの良馬場なら巻き返しは可能とみる。 早めに抜け出して、後続の追撃を振りきってほしい。 対抗は左回り得意のマジックタイム。ルメールへの乗り替わりは大きな魅力になる。 単穴に地味に力をつけてきたピークトラム。連下は手広く。

◎ラングレー ○マジックタイム ▲ピークトラム
△ケントオー、ロサギガンティア、ダノンリバティ、ヤングマンパワー、マジェスティハーツ

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »