« 宝塚記念回顧 2度目の“試練”がドゥラメンテを襲う | トップページ | 七夕賞予想 2016 »

2016.07.03

ラジオNIKKEI賞予想 2016

福島競馬が始まると、いよいよ夏到来だと感じる。 ラジオNIKKEI賞はまだ若い3歳馬によるハンデ戦。 しかも、小回りコースとあって、トップハンデや人気馬があっさりと 敗れるケースも目につく。こういうときは印象に残る馬を狙おう。 2連勝中のアップクォークに◎。 前走の早苗賞は3か月ぶりで、馬体は18キロ増と仕上がり途上だった。 案の定、アップクォークは出遅れ、苦しい位置取りを迫られる。 直線は内に進路を見つけるも、なかなかエンジンがかからない。 それでも馬体を併せて気合をつけられると、ゴール前でグイッと伸びて差し切り勝ちを収めた。 一度は先頭に立ったカルヴァリオは次走で古馬相手に完勝したように、 レースレベルは決して低くなかった。 今回、ハンデは恵量の53キロ。状態は確実に上昇している。 キャロット異色のベーカバド産駒の成長に期待したい。 相手も内枠から、出遅れたプリンシパルSは良く追い込んだゼーヴィント、 NHKマイルも大きく負けていないストーミシーなど。連は幅広く。

◎アップクォーク ○ゼーヴィント ▲ストーミシー
△ブラックスピネル、ナイトオブナイツ、ピックミータッチ、アーバンキッド

|

« 宝塚記念回顧 2度目の“試練”がドゥラメンテを襲う | トップページ | 七夕賞予想 2016 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/63861294

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオNIKKEI賞予想 2016:

« 宝塚記念回顧 2度目の“試練”がドゥラメンテを襲う | トップページ | 七夕賞予想 2016 »