« 宝塚記念予想 2016 | トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2016 »

2016.06.28

宝塚記念回顧 2度目の“試練”がドゥラメンテを襲う

ドバイ帰りで疲労の不安もあったが、1.9倍の1番人気に支持されたドゥラメンテ。 4コーナーでも馬群に揉まれ、仕掛けが遅れるなかで良く2着まで追い込んできた。 しかし、ゴール後、減速してバランスを崩した際、 左前脚を痛めてしまった。デムーロはすぐに下馬をしたが、 脚を地面につけると痛がる素振りを見せて馬運車に載せられた。公式発表は「左前脚跛行」。 その後、後肢が左前肢に乗りかかり球節や靭帯を傷つけたと堀宣行師が明らかにした。 これで凱旋門賞挑戦は撤回、復帰のスケジュールは不透明なままだ。 荒れた馬場や苦しいポジショニングも敗因ではあるが、 何より昨春の唸るようなデキにはなかったことが差し切れなかった理由だ。 ドバイでの疲れは癒えていなかったし、凱旋門賞をめざすなら早々に渡欧すべきだった。 だが、ハナから国内の賞金を捨てるわけにはいかないのが、 クラブ馬としての難しいところ。結果論ではあるが、ドバイ、宝塚記念、凱旋門賞の3連戦は 些か欲張り過ぎのローテーションだったのではないか。 社台グループの歴史を体現した血統背景を持つドゥラメンテは、無事に種牡馬入りすることが 絶対的なミッションである。今後、順調に回復するにしても、ダービ後に続く2度目の“試練”に陣営は 慎重な判断を迫られるだろう。

スイープトウショウ以来、11年ぶりとなる牝馬の優勝を果たしたマリアライト。 中団外目を追走すると3コーナーから徐々に進出し、持ち前のナタの斬れ味を発揮して 逃げ粘るキタサンブラックを一完歩ずつ追い詰めていった。 目黒記念を叩いて状態はあがっていたし、時計のかかる馬場でハイペースになったのも幸いした。 母の父エルコンドルパサーの影響か、牝馬ながら力のいる馬場は全く苦にしない。 この馬の適性を熟知した蛯名正義の見事な騎乗だった。 瞬発力勝負は分が悪いだけに天皇賞秋などは向かないだろうが、 エリザベス女王杯、有馬記念と後半戦もG1奪取のチャンスはある。 3着にキタサンブラック。1000メートルは59秒1と、後続に競りかけられながらハイラップで先頭を守った。 先行馬が壊滅した展開を考えれば最短コースを通ったとはいえ、最も強い競馬をしたと言えるかもしれない。 今回はワンアンドオンリーやトーホウジャッカルに突かれたが、 多少でも息の入る流れになれば距離不問で押しきれる力が備わっている。 4着に昨年の覇者、ラブリーデイ。じっくり休んで立て直してほしい。 5着ステファノス、6着サトノクラウンは秋に楽しみがつながった。 フェイムゲームはシンガリ負け。シュヴァルグラン、ワンアンドオンリー、カレンミロティックともどもハーツクライ産駒には 不向きな馬場だった。

|

« 宝塚記念予想 2016 | トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2016 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/63838144

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念回顧 2度目の“試練”がドゥラメンテを襲う:

« 宝塚記念予想 2016 | トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2016 »