« 天皇賞春予想 2016 | トップページ | NHKマイルC予想 2016 »

2016.05.03

天皇賞春回顧 武豊、淀を知り尽くした男の独演会

「ユタカ劇場」と言うのだろうか。武豊に尽きる春の盾だった。 2番人気キタサンブラックは1番枠から好スタートを切ると、 すんなりとハナを奪ってマイペースに持ち込んだ。 12秒台のハロンラップを刻みながら1000メートルを1分1秒8、 その後もレース前半の1600メートルを1分38秒3で通過する。 ドスローというわけではないが、力のある逃げ馬にとっては息を入れながら 自分のリズムで走れる流れ。後続の有力馬は武豊にレースを支配されていることは理解しつつ、 脚をなくすことを恐れて無理に動くことができない。 向こう正面で2番手のヤマニンボワラクテがキタサンブラックを交わして先へ出る ようなことがあれば逃げ馬のリズムは乱されたのだろうが、 それだけの余力はヤマニンにはなかった。最短コースを回った武豊は、 残り4ハロンに差し掛かるとペースをあげていく。 直線、キタサンブラックの直後につけていたカレンミロティックが並んで先に出るが、 武豊は「わずかな一伸び」分のスタミナを温存していた。 最後に差し返したところが決勝線。その差は4センチだから、魔術のような手綱さばきだ。 3200メートルを走って4センチの差で勝たせるのである。すべて計算づくで。 天皇賞春7勝目、淀を知り尽くした男の独演会だった。

戦前、キタサンブラックはハナには行かないだろうと私は思っていた。 目標になった人気馬が逃げきれるほど、春の天皇賞は簡単なレースではない。 だが、1番人気ゴールドアクターが下見から入れ込む状況や、 積極的に先手を取りにいく馬がいないのを見て、自らペースを主導するのが 最も勝利に近いと瞬時に判断したのだろう。菊花賞も有馬記念もジョッキーの好騎乗に 助けられた面が大きいのだが、裏を返せば、自在な競馬ができる長所こそが キタサンブラックの強みなのだ。2着カレンミロティックは13番人気。 池添は3番手の内を回る完璧な競馬をしたが、桜花賞に続いて少しだけ運が足りなかった。 3着は3番人気のシュヴァルグラン。折り合いはつき、初めての58キロを物ともせずに差し脚を伸ばした。 勝ちきるには何処かでレースを壊しに行くギャンブルが必要だったが、 慎重な福永でなくともリスクを取ることはできなかったのではないか。 G1を勝てるだけの実力があることは示せた。4着にタンタアレグリア。 ステイヤーの血が開花し始めた印象だ。蛯名は5年連続、掲示板を確保したことになる。 このジョッキーも武豊ほどの勝数はなくとも、平成の盾男と呼んで差し支えない。 5着にトーホウジャッカル。一瞬、勝ったかと思わせる場面もあり、復調の気配を感じさせてくれた。

私が期待したフェイムゲームは4番人気と、意外に支持を集めたものの8着。 スタートでアドマイヤデウスに寄られてポジションを下げたのが痛かった。 道中も内で動けず、4角は絶望的に大外を回すしかなかった。 世界的名手であるボウマンにしても、淀の3200メートルは独特のコースであって 乗り難かっただろう。アドマイヤデウスは申し分ないレースだったが、伸びを欠いて9着。 本質的に距離が長かった。レーヴミストラルは後方一気にかけて10着。 決め打ちだから展開が向かなければ大敗するのは当たり前で、 次走で評価を下げる必要もない。 ゴールドアクターは12着。道中もハミを噛んでいて、とても長距離を乗りきれる内容ではなかった。 外枠の不利はあったが、これだけ入れ込んでいては勝負にならない。 1番人気は10連敗だから、相当な強い馬でないと呪いは解けまい。 サウンズオブアースは15着。さすがに負けすぎで、立て直しには時間がかかるかもしれない。 武豊は今年の優勝で中央G1は通算70勝目になるが、 逃げ切り勝ちは初めてだという。デビュー30年目にして新境地を拓く トップジョッキーに改めて恐れ入る。

|

« 天皇賞春予想 2016 | トップページ | NHKマイルC予想 2016 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

3連単でGETしました。1.2着は頭でも買っていたので、当たったのに鼻差で▲10万円、損した気分です。【笑】
本日はかしわ記念ですね、地方のGIも予想しませんか?

投稿: 越後の池田屋 | 2016.05.05 11:40

>越後の池田屋さま
的中、お見事です。これ以上、恥を晒すのも何なので地方は控えておきます。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2016.05.11 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/63571992

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春回顧 武豊、淀を知り尽くした男の独演会:

« 天皇賞春予想 2016 | トップページ | NHKマイルC予想 2016 »