« ヴィクトリアマイル回顧 7年連続更新! 不思議なジンクス | トップページ | オークス回顧 池添の“覚悟”に応えたシンハライト戴冠 »

2016.05.22

オークス予想 2016

桜花賞以前、3強と評されていた牝馬戦線は ジュエラーが故障で離脱、メジャーエンブレムがマイル路線に回ったことで、 オークスは残ったシンハライトが一身に人気を背負うことになった。 とはいえ、オッズは2倍台の半ば。フローラSを快勝したチェッキーノが3倍台で追いかけ、 離れてフラワーCから直行するエンジェルフェイス、フローラSで1番人気だったビッシュが続く。 いわゆる別路線組の逆転に期待が寄せられていると言える。 だが、歴史を振り返ればオークスは桜花賞組から狙うのが基本。 桜花賞、シンハライトはハナだけ遅れたが、 正攻法の競馬をしただけ勝ち馬より濃い内容だったと言える。 スローで流れることの多いオークスは距離適性を問われることは稀で、 阪神マイルを乗りきれるスタミナがあれば十分。 前走でピークまで仕上げられていたシンハライトに上がり目はなくとも、 近い状態を維持できていれば勝ち負けは必至だ。 輸送で大幅に馬体を減らさなければ連軸は堅いとみる。 相手はオークス回避から一転して参戦を決めたレッドアヴァンセ。 馬体は戻り、強い追いきりもかけられた。 エルフィンSの勝ち方は鮮やかで、兄クラレントらは左回りが得意だった。 穴にデンコウアンジュ。メジャーエンブレムを差しきった府中に替わるのは好材料だ。

◎シンハライト ○レッドアヴァンセ ▲デンコウアンジュ
△アットザシーサイド、チェッキーノ、エンジェルフェイス、ロッテンマイヤー

|

« ヴィクトリアマイル回顧 7年連続更新! 不思議なジンクス | トップページ | オークス回顧 池添の“覚悟”に応えたシンハライト戴冠 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/63665514

この記事へのトラックバック一覧です: オークス予想 2016:

« ヴィクトリアマイル回顧 7年連続更新! 不思議なジンクス | トップページ | オークス回顧 池添の“覚悟”に応えたシンハライト戴冠 »