« 高松宮記念予想 2016 | トップページ | 桜花賞予想 2016 »

2016.04.06

桜花賞展望 メジャーエンブレム1強は絶対か?

2016年の春クラシックが開幕する。今週は桜花賞。中心は2歳女王、メジャーエンブレム。阪神JFを完勝、年明けのクイーンCを5馬身差の大楽勝で、底知れぬ強さを見せつけた。果たして桜はメジャーエンブレムの一強なのか。G1勝ちのみならず、同馬が絶対視される決め手となったのがクイーンCの勝ち時計だろう。3歳になったばかりの牝馬が1分32秒5を叩き出したのだから驚くばかり。この時期、例年より1秒以上、速い時計が出る馬場だったことは事実だが、自ら逃げてハイラップを刻んだものであり、競るライバルがいれば勝ち時計はもっと詰められたことは明らか。数字を額面通りは受け取らないにせよ、レース内容は大いに讃えられなければならない。父ダイワメジャーから先行力と持続力を、母父オペラハウスから高い心肺能力を受け継いだ同馬。緩みないラップで走り続けても失速することはなく、むしろ追いかける馬たちの末脚をなくさせる競馬が強力な武器だ。彼女の特長をよく分かっているルメールは本番でもスローに落とすことはないはずだ。

メジャーエンブレムに死角はないか。過去のデータを眺めて、真っ先に目につくのが臨戦過程だろう。グレード制導入後、クイーンCを勝って桜花賞に直行したのは18頭。だが、1番人気に推されたシャイニンルビー(3着)、ホエールキャプチャー(2着)とも敗れている。他の連対馬にはイブキパーシヴ、ヴィルシーナと2頭がいるが、優勝馬はゼロだ。東京と阪神では同じマイル戦でも求められる質が違うということだ。では、陣営はなぜクイーンCをステップに選んだのか。同馬はサンデーレーシングの一口馬。ノーザンファーム系の他馬との使い分けから、オーナーサイドが決断した可能性もある。また、阪神JFを勝って輸送もコースも経験できたのだから、本番前に関西へ運んでトライアルを使いたくないという思惑もあったかもしれない。いずれにせよ、阪神JFからクイーンCへ向かったのは狙いすました考えあってのことであり、多くのケースのように賞金を上積みするために使ったわけではない。この点は阪神JFで2着していたホエールキャプチャーと境遇は似ていて、同馬が桜ではコース取りの差で惜敗したことを思うと、ステップを理由に”消す”ことは乱暴に思われる。

阪神コースへの適性はどうか。 2007年から外回りに変わった桜花賞は差し、追い込み馬が脚質的に有利だ。去年、超スローペースで逃げ切ったレッツゴードンキは例外で、軽快な先行力だけで直線の急坂を凌ぐことはできない。この舞台を得意とするのは毎年、必ず連対馬を出してきたディープインパクト産駒。同じサンデー直仔でも切れ味より持続力が武器のダイワメジャーの産駒は連対できていない。メジャーエンブレムにとっては好ましからざるデータだが、それらのマイナス要素を捻じ伏せるだけの能力を同馬に認めるか否かで印の重さは変わってくる。ライバルのシンハライト、ジュエラーはチューリップ賞で上がり33秒フラットの鋭脚を繰り出した。先に抜け出すはずのメジャーエンブレムが両馬の追撃をゴール板まで凌げるか。多くのファンが想像し、頭を悩ますことになる。過去10年、1番枠から5番枠の連対がないように内枠は進路をなくして苦戦するケースも目立ち、枠順が明暗を分けることになるやもしれない。仮にメジャーエンブレムが中から外枠に入るようなら、さらに牝馬一冠目を獲得する確率はあがるだろうが、さて。

|

« 高松宮記念予想 2016 | トップページ | 桜花賞予想 2016 »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/63445962

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞展望 メジャーエンブレム1強は絶対か?:

« 高松宮記念予想 2016 | トップページ | 桜花賞予想 2016 »