« 桜花賞予想 2016 | トップページ | 皐月賞予想 2016 »

2016.04.12

桜花賞回顧 超天才的 ”決め打ち”でジュエラー戴冠

いつものロケットダッシュが決まらなかったことが敗因ではない。ゲートは互角でもメジャーエンブレムとルメールには容易に先手を奪う機会があった。好スタートで前に出たアッサラルーテは吉田勝己がオーナー。鞍上の和田はメジャーエンブレムの動向を気遣い、ハナに行くなら行ってくれと進路を確保していたが、はっきりとルメールは手綱を抑えた。和田にとっても予想外の判断だったかもしれない。その後、アッサラルーテの外からカトルラポールやメイショウバーズが追っ付けながらハナを争い、メジャーエンブレムはラチ沿い、7番手の苦しいポジションに押し込められることになった。なぜルメールは消極的な選択をしたのか。この日、1度も人気より上に着順を持って来れていなかった騎乗からは”乗れていない”のは明らかだったが、その原因が過度なプレッシャーによるものかは分からない。いずれにせよ、判断は誤りだった。メジャーエンブレムはハイラップを刻んで後続を捻じ伏せるタイプである。スローに落とせば瞬発力ある馬に差されるのはアルテミスSで経験済みだった。だから、世界の名手が同じ轍を踏むとはファンは思っていなかったのだ。また、桜花賞は進路をなくしやすい内枠が不利なのも知られた話。身動きできないまま4角を回り、直線入り口では外からラヴェンダーヴァレイに被せられてしまった。最後は複勝圏からも脱落する4着。自分の競馬ができない不完全燃焼だった。

2番人気のシンハライトはスタートから押して中団のポジショニング。普段より前に行ったのはメジャーエンブレムを意識してのことだろう。だが、結果的には同じような位置取りになり、内を進むメジャーエンブレムを見ながら優位にレースを進めることができた。前半4ハロンは47秒1、後半は46秒3と上がり勝負になったのも、切れ味を身上とするシンハライトには好条件だった。直線、鞍上の池添は満を持して追い出し、メジャーエンブレムを置き去りにする。末脚は鈍ることなくゴールへと向かった。非の打ち所がない競馬である。ところが、このシンハライトに2センチだけ先んじる馬がいた。ミルコ・デムーロによる、追い込み一気の逆転劇だ。チューリップ賞でシンハライトに接戦の末、ハナだけ敗れたジュエラー。今回、私は血統的にスタミナあるジュエラーが中団を取り、早めの競馬をするのではないかと期待していた。しかし、それを実行したのはシンハライトで、再び追い込みに徹して決め打ちしたのがジュエラーだった。折り合いを欠くリスクを嫌ったこともあるだろうが、デムーロはルメールがハイペースを演出することはないと見切っていたようにも思える。そのセンスは論理だけでは説明できない超天才的なものだ。ジュエラーは直線で大外に出されると、獲物を捉えるように一完歩ずつシンハライトを追い詰めた。

騎乗内容ということなら、池添が満点。デムーロは取りこぼす可能性も多々あったわけだが、大一番で結果を出してしまうのだから、”神憑り的”ということだろう。点数はつけられない。デムーロは父ヴィクトワールピサ、祖父ネオユニヴァースに騎乗していて、3代に渡ってG1を制したことになる。初年度産駒からクラシックホースを出すことができたことは、ヴィクトワールピサにとって大きな成果だ。去年、50万円下って250万円だった種付け料も上昇に転じそうだ。次走はオークスになるが、距離に不安あるシンハライトやメジャーエンブレムより人気を集めるだろう。3着には6番人気のアットザシーサイドが入った。良く伸びたが上位2頭との差は大きい。5着アドマイヤリードには驚かされた。後方一気が合っている。4番人気レッドアヴァンセは7着。しっかり追い切られていたが、エルフィンSのように切れなかったのは体調が完全ではなかったからか。アルテミスS勝ち馬のデンコウアンジュは10着。追い込みにかけたが、直線で最初は内を突いて開かずに大外へ持ち出すロスがあった。府中に替わるオークスでは面白い存在になるかもしれない。

|

« 桜花賞予想 2016 | トップページ | 皐月賞予想 2016 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/63474057

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞回顧 超天才的 ”決め打ち”でジュエラー戴冠:

« 桜花賞予想 2016 | トップページ | 皐月賞予想 2016 »