« ジャパンカップ予想 2015 | トップページ | 朝日杯FS予想 2015 »

2015.12.01

ジャパンカップ回顧 強気の挑戦ショウナンパンドラが戴冠

10年連続で日本馬が優勝することになったジャパンカップ。 勝ったのは4歳牝馬、ショウナンパンドラだった。 去年の秋華賞を勝ってから不振が続いた時期もあったが、 宝塚記念、オールカマー、天皇賞秋と牡馬の王道路線を歩ませた チャレンジングな姿勢が大きな果実をもたらした。 普通ならエリザベス女王杯を使うところだが、 オーナーを説き伏せてもJCを選択した高野師の強気には恐れ入る。 15番枠は不利の少なくなかったが、池添は4角で外に振られないよう 馬群の中で進路が開くのを待った。手応えの良さに任せて、 外から追い込もうとすれば勝ちはなかっただろう。 同じように実力ある馬に乗っても、大レースを獲れるジョッキーと G1に手が届かないジョッキーとの差は、こうした判断に現れる。 馬自身も宝塚記念を境にして、いっそう成長した様子が伺えるが、 母はステイゴールドの半妹で血のなせる業だろうか。

2着は7番人気ラストインパクト。私は予想で本命にしたが、 天皇賞秋は騎乗が酷すぎただけで、ベスト条件ならG1で勝負になる 力を備えている。この日、インを突いて特別を連勝していたムーアは、 JCでも3度目のドジョウとばかり同じ競馬。内が伸びる馬場 になっているのは騎手は誰しも分かっているはずと思うのだが、 直線でラチ沿いはガラ空きなのだから不思議である。 ゴールではクビ差、ショウナンパンドラに交わされたが、 勝ちに等しい内容だった。次走は有馬記念になるが、 天皇賞秋、ジャパンカップと9分以上の仕上げで臨んでおり、 上がり目は少ないと思うがムーアならという気もする。 3着は1番人気ラブリーデイ。一旦は先頭に立ったものの、 高いレベルでは1ハロン、我慢が効かなかった。 レースは平均ペースだったが、戦前の下馬評のようにスローに流れれば 結果は違っていたかもしれない。

4着はブービー人気のジャングルクルーズ。状態の良さとラチ沿いの 硬いベルトを走れたことが好走の要因だ。 5着サウンズオブアースはコース変って見直したい。 6着は外国馬最先着のイラプト。ジャパンカップ草創期なら 賞金をさらっていったのだろうが、アドバンテージある日本馬相手では分が悪い。7着ワンアンドオンリーは復活の兆し。8着ミッキークイーンは ピークが前走で馬体はギリギリだった。10着に2番人気ゴールドシップ。 余裕綽々の大敗ではなかったか。課題のゲートは合格点で、 道中は勝負を度外視するかのような早々のまくり。 不得手の東京とあってラストランに向けた予行演習だったが、 それでいて勝ち馬とコンマ4秒差なら文句なし。 若干、闘志が薄れているのは気がかりだが、有馬記念で無視はできまい。

|

« ジャパンカップ予想 2015 | トップページ | 朝日杯FS予想 2015 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/62782381

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ回顧 強気の挑戦ショウナンパンドラが戴冠:

« ジャパンカップ予想 2015 | トップページ | 朝日杯FS予想 2015 »