« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の6件の記事

2015.10.31

天皇賞秋予想 2015

数々の名勝負が積み重ねられてきた天皇賞秋。毎日王冠ではエイシンヒカリの鮮やかな逃げ切りに大いに湧いたが、一方で勝ち方に凄みを感じさせられたのが西の前哨戦、京都大賞典だった。宝塚記念で初G1を制したラブリーデイが32秒3の豪脚を繰り出し、格の違いを見せつけたのだ。ならば、ここも素直にラブリーデイからと行くべきなのかもしれないが、どうしても気になる馬が隣枠にいる。来春に勇退する松田博資師が最後の盾に送り出す、ラストインパクトである。今年は順調さを欠いて3戦しかしていないが、その中には距離不的だった天皇賞春4着も含まれている。この馬のベストパフォーマンスはレコード勝ちした去年暮れの金鯱賞。ラブリーデイらを振り切り、最速の上がりで完勝したレースだ。天皇賞秋は当時と同じく左回りの2000メートル。名伯楽は盾を狙いすまし、札幌記念を叩いた後、ずっと厩舎に置いて調整を続けてきた。当然、状態は絶好。参考外の札幌記念敗退で記者には見限られたのか、前日売り9番人気とノーマークなのも好都合だ。7番枠からロスない競馬ができるし、エイシンヒカリらが引っ張る速い流れで折り合い、直線は思い切り脚を爆発させることを期待する。相手はラブリーデイ、穴には3歳馬のサトノクラウン。不利を物ともせずに差し切った東スポ杯から府中は得意なはず。

◎ラストインパクト ○ラブリーデイ ▲サトノクラウン
△ディサイファ、アンビシャス、エイシンヒカリ、ステファノス

| | コメント (0)

2015.10.27

菊花賞回顧 キタサン祭りを演出した北村宏の名騎乗

「祭りだ、祭りだ、キタサンまーつりー、これが競馬の祭りだよー」 クラシックを勝った馬主が表彰式で熱唱するなど、これまで世界の競馬史にあったのだろうか。北島三郎さんは馬主歴52年にして初めてのG1優勝だという。日本を代表する演歌歌手が長きに渡って馬主を続けてきたことは競馬界への大きな貢献であり、それに値する栄誉を贈るには少し遅すぎたようにも感じる。馬券の的中に関わりなく、競馬場の大観衆が一体となって勝利を祝福し、あまねくファンが幸福感を与えられたのは、北島さんの競馬愛を知ってこそだ。クラブ馬主が全盛の時代ゆえ、有名人ではなくても個人馬主が喝采を浴び、ファンに声を聞かせてくれる舞台があって良いとも思わされた。

キタサンブラックは前哨戦を制したものの、本番では5番人気。スプリングSやセントライト記念で儲けさせてもらった私も、迷った末に印を回せなかった。距離適性への疑問というより、シンボリルドルフ以来、セントライト記念勝ち馬が菊花賞を勝てていないデータをマイナスに評価していたからだ。今年とて、そのジンクスが継続していても不思議ではなかった。現時点でキタサンブラックを実力で凌ぐライバルは1、2頭ではなかったのだから。だが、同馬は1番人気リアファルを捕え、2番人気リアルスティールをクビ差、競り落として真っ先にゴールを駆け抜けた。万全に仕上げた陣営の手腕もさることながら、逆転勝利を決定づけたのは北村宏の名騎乗であった。

スピリッツミノルがハナを切り、リアファルが追走するなか、キタサンブラックは5番手で1周目のスタンド前を通過した。これまで2番手のポジショニングに拘ってきた”型”を捨てた。3000メートルを乗り切り、直線で勝負できるだけのスタミナを温存させるためだった。4番枠を活かし道中はインにじっとして、スタミナのロスを防いだ。ペースが変わったのは1000メートルを過ぎた後。13秒台のラップが3度も続いて、一気にスローダウンしたのだ。ここでキタサンブラックは十分な脚をためられた。直後、我慢できなかったアルバートドックやタガノエスプレッソ、ならば行かせてしまえとミュゼエイリアンらが上がっていってペースが速くなる。ところが、北村は10番手まで位置を落としても動じることなく、手綱を動かさなかった。

4コーナー、馬群に包まれながらインを進むと、直線入り口で北村は最内に馬を向けた。目の前にいたのはミュゼエイリアンとリアファル。両馬の間、ぎりぎり1頭分が通れる進路にキタサンブラックを飛び込ませた。そこは岩田・サトノラーゼンも狙っていたスペース。だが、余力で勝るキタサンブラックがヴィクトリーロードを掴んだのだった。リアファルを交わし、猛追するリアルスティールを凌ぎ切った ところがゴール。道中で徹底的にスタミナを浪費させなかった鉄の意志と、直線で進路を失うリスクを厭わずにギャンブルに賭けた大胆さがなければ、レース後に「祭り」のコブシが響くことはなかっただろう。2015年の菊は名勝負であった。

キタサンブラックは母の父がスプリンターのサクラバクシンオーということで評価を下げる向きもあった。しかし、同馬の血統表を見れば中距離で粘り強さを生み出すリファールのクロスがあり、母系にはスピードよりダート寄りのスタミナばかりを産駒に伝えたジャッジアンジエルーチの名もある。そこにサクラバクシンオーの軽快さが加わり、2000メートル超でポテンシャルを発揮するキタサンブラックの素地が形作られたと言えるのではないか。父ブラックタイドも全弟ディープインパクトより持久力を産駒に伝えるタイプのようで、期せずして絶妙の配合となったのかもしれない。

2着のリアルスティールは距離を克服し、福永も百点の騎乗をしたと思う。勝てなかった理由は120点の騎乗をしたジョッキーがいたことだけだ。3着リアファルはテンで競り、道中も出入りの激しい展開に惑わせられながら脚色は衰えなかった。想像以上に強い馬だと感じた。ダービー2着のサトノラーゼンは掲示板が精一杯。最後は距離が影響したのだろうか。穴人気スティーグリッツは大出遅れで競馬にならず11着。私が期待したワンダーアツレッタは終始、良いところなく14着に大敗した。適距離は1800メートル前後なのかもしれない。惜しかったのは7着ブライトエンブレム。3コーナーでサトノラーゼンに進路をカットされながら、最後は追い込んできた。復活の兆しがあり、次走に注目したい。

| | コメント (0)

2015.10.24

菊花賞予想 2015

春の二冠馬、ドゥラメンテが不在の菊花賞。 過去10年、勝ち馬は神戸新聞杯の3着以内に入った馬が9頭を占めているが、 今年は敢えて波乱に賭けてみたい。 本命は500万、1000万と連勝してきたワンダーアツレッタ。 春は若葉Sで皐月賞の出走権を取ったものの、本番は殿に敗れてしまった。 だが、夏を迎えて急激に成長。 前走の能勢特別は好位から3馬身差をつける完勝で、勝ち時計も優秀だった。 父エンパイアメーカーは日本ではフェデラリストやイジゲンが代表産駒だが、 アメリカではBCレディースクラシックを連覇したロイヤルデルタなどを輩出し、 孫のアメリカンファラオは米三冠を成し遂げている。 今年、乞われて帰国したが、日本でもクラシックホースを誕生させて然るべき種牡馬だ。 ワンダーアツレッタはスピード色の濃いミスプロのクロスが目につくが、 祖母は3000メートルの凖オープン・万葉Sを制していて、母系からスタミナは 補充されているようにみえる。ドゥラメンテの主戦、ミルコ・デムーロの変則三冠 を期待する。相手はサトノラーゼン。ダービー2着馬で、 セントライト記念は明らかな叩き台。内枠の利を活かすレースができれば、 当然、勝ち負けになる。単穴にハービンジャー産駒のスティーグリッツ。 この馬も条件戦を連勝しての菊花賞で、豊富なスタミナは脅威になる。

◎ワンダーアツレッタ ○サトノラーゼン ▲スティーグリッツ
△リアルファル、リアルスティール、アルバートドック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.18

秋華賞予想 2015

トライアルのローズSでは出遅れて、最後方からの競馬を強いられたミッキークイーン。 それでも33秒台の脚を繰り出して2着まで伸びてきたのは、 この馬の力が抜けていることを示すものだった。 今回は一叩きされて上昇、ゲート互角なら中団で流れに乗るはず。 実績ほど人気が集中していないのは大外枠が嫌われたためだと推察するが、 差し馬にとって致命的な不利にはならず、 むしろミッキークイーンのような実力馬にとっては揉まれないだけ プラスもあるだろう。逆転あるならトーセンビクトリー。 ローズSは後ろにポジショニングしたが、 本来の持ち味は兄たちと同様、先行して粘る競馬。 前走、斬れ味では勝負にならないことを武豊も認識して、 積極的な競馬を試みるだろう。単穴にアンドリエッテ。使って良くなるタイプで、 来週、再来週と騎乗停止処分を受けた川田も気合が入る。 大穴なら1000万を勝ったばかりのアスカビレン。

◎ミッキークイーン ○トーセンビクトリー ▲アンドリエッテ
△アスカビレン、レッツゴードンキ、タッチングスピーチ

| | コメント (0)

2015.10.11

毎日王冠予想 2015

秋の府中開催のスタート。今年の毎日王冠は 出走13頭中、10頭がディープインパクト産駒、 残りの3頭もサンデーサイレンスを父に持つ種牡馬の産駒である。 東京1800メートルはサンデーの血がフルに発揮できる場だということか。 オッズは混戦だが、狙ってみたいのはヴァンセンヌ。 前走の安田記念では直線で前が壁になって、 なかなか追い出せない状況ながら、 ゴール前ではモーリスをクビ差まで追い詰めた。 タラレバに意味はないが、不利がなければ突き抜けていただろう。 今回から鞍上は横山典弘にスイッチした。 かつて、8歳のカンパニーを毎日王冠、天皇賞秋、マイルCSと3連勝した ベテランジョッキーの腕に期待。 これまでとは一味違った競馬を引き出してくれると面白い。 相手は8戦7勝の逃げ馬、エイシンヒカリ。 単穴に本格化著しいディサイファ。

◎ヴァンセンヌ ○エイシンヒカリ ▲ディサイファ
△ステファノス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.04

スプリンターズS予想 2015

秋のG1シリーズの開幕戦、スプリンターズステークス。 ハイペースを好位から中団で追走し、 最後は急坂を登り切る底力が求められる。 マイルG1では惨敗を重ねるも、 スプリント戦なら大いに可能性を感じさせるミッキーアイルに期待する。 あり余るスピードを制御できなかったこともあるが、 速い馬が揃うスプリンターズSは外から内の馬の出方を見ながら 競馬が進められるだろう。休み明けのほうが実績があり、 敢えて安田記念から一球入魂で直行を選んだ陣営の意欲を買いたい。 相手は夏女・ベルカント、 風格さえ出てきたウリウリの牝馬勢。

◎ミッキーアイル ○ベルカント ▲ウリウリ
△ストレイトガール、ハクサンムーン、ウキヨノカゼ、リッチタペストリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »