« 菊花賞回顧 キタサン祭りを演出した北村宏の名騎乗 | トップページ | ローブティサージュが転倒 福永は大ケガで年内絶望 »

2015.10.31

天皇賞秋予想 2015

数々の名勝負が積み重ねられてきた天皇賞秋。毎日王冠ではエイシンヒカリの鮮やかな逃げ切りに大いに湧いたが、一方で勝ち方に凄みを感じさせられたのが西の前哨戦、京都大賞典だった。宝塚記念で初G1を制したラブリーデイが32秒3の豪脚を繰り出し、格の違いを見せつけたのだ。ならば、ここも素直にラブリーデイからと行くべきなのかもしれないが、どうしても気になる馬が隣枠にいる。来春に勇退する松田博資師が最後の盾に送り出す、ラストインパクトである。今年は順調さを欠いて3戦しかしていないが、その中には距離不的だった天皇賞春4着も含まれている。この馬のベストパフォーマンスはレコード勝ちした去年暮れの金鯱賞。ラブリーデイらを振り切り、最速の上がりで完勝したレースだ。天皇賞秋は当時と同じく左回りの2000メートル。名伯楽は盾を狙いすまし、札幌記念を叩いた後、ずっと厩舎に置いて調整を続けてきた。当然、状態は絶好。参考外の札幌記念敗退で記者には見限られたのか、前日売り9番人気とノーマークなのも好都合だ。7番枠からロスない競馬ができるし、エイシンヒカリらが引っ張る速い流れで折り合い、直線は思い切り脚を爆発させることを期待する。相手はラブリーデイ、穴には3歳馬のサトノクラウン。不利を物ともせずに差し切った東スポ杯から府中は得意なはず。

◎ラストインパクト ○ラブリーデイ ▲サトノクラウン
△ディサイファ、アンビシャス、エイシンヒカリ、ステファノス

|

« 菊花賞回顧 キタサン祭りを演出した北村宏の名騎乗 | トップページ | ローブティサージュが転倒 福永は大ケガで年内絶望 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菊花賞回顧 キタサン祭りを演出した北村宏の名騎乗 | トップページ | ローブティサージュが転倒 福永は大ケガで年内絶望 »