« 秋華賞予想 2015 | トップページ | 菊花賞回顧 キタサン祭りを演出した北村宏の名騎乗 »

2015.10.24

菊花賞予想 2015

春の二冠馬、ドゥラメンテが不在の菊花賞。 過去10年、勝ち馬は神戸新聞杯の3着以内に入った馬が9頭を占めているが、 今年は敢えて波乱に賭けてみたい。 本命は500万、1000万と連勝してきたワンダーアツレッタ。 春は若葉Sで皐月賞の出走権を取ったものの、本番は殿に敗れてしまった。 だが、夏を迎えて急激に成長。 前走の能勢特別は好位から3馬身差をつける完勝で、勝ち時計も優秀だった。 父エンパイアメーカーは日本ではフェデラリストやイジゲンが代表産駒だが、 アメリカではBCレディースクラシックを連覇したロイヤルデルタなどを輩出し、 孫のアメリカンファラオは米三冠を成し遂げている。 今年、乞われて帰国したが、日本でもクラシックホースを誕生させて然るべき種牡馬だ。 ワンダーアツレッタはスピード色の濃いミスプロのクロスが目につくが、 祖母は3000メートルの凖オープン・万葉Sを制していて、母系からスタミナは 補充されているようにみえる。ドゥラメンテの主戦、ミルコ・デムーロの変則三冠 を期待する。相手はサトノラーゼン。ダービー2着馬で、 セントライト記念は明らかな叩き台。内枠の利を活かすレースができれば、 当然、勝ち負けになる。単穴にハービンジャー産駒のスティーグリッツ。 この馬も条件戦を連勝しての菊花賞で、豊富なスタミナは脅威になる。

◎ワンダーアツレッタ ○サトノラーゼン ▲スティーグリッツ
△リアルファル、リアルスティール、アルバートドック

|

« 秋華賞予想 2015 | トップページ | 菊花賞回顧 キタサン祭りを演出した北村宏の名騎乗 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/62542576

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞予想 2015:

« 秋華賞予想 2015 | トップページ | 菊花賞回顧 キタサン祭りを演出した北村宏の名騎乗 »