« ラジオNIKKEI賞予想 2015 | トップページ | クイーンS予想 2015 »

2015.07.18

函館記念予想 2015

上位人気組の多くが外枠に入った函館記念だが、 過去10年で最も外寄りだった馬番の勝ち馬は8番。 ハナを切ったトーケイヘイローである(札幌で施行された2009年を除く)。 平均値は3.88だから、二桁の馬番を引いた馬は相当の不利を強いられることになる。 また、函館記念は前傾ラップになりやすく、 瞬発力よりも持続力を問われる傾向にある。 父母、どちらかにスタミナ血統を持つ馬が好走しているのも同じ理由からだろう。 本命は3番枠の幸運をつかんだハギノハイブリッド。 3歳春は京都新聞杯を制するなどクラシック戦線を賑わした同馬も、 古馬になって一線級との戦いでは今一歩。少しスピードが足りないように見える。 洋芝、小回りの今回はそうした弱点が減殺され、 タニノギムレット☓トニービンから受け継いだ スタミナを活かしたレースができるのではないかと思う。 陣営も積極的にポジションを取りに行くことを明言していて、 内枠から先行する競馬になりそうだ。 対抗はトップハンデもエアソミュール、 穴は岩田のダービーフィズ。連下は手広く流したい。

◎ハギノハイブリッド ○エアソミュール ▲ダービーフィズ
△エックスマーク、ラブイズブーシェ、デウスウルト、アーデント

|

« ラジオNIKKEI賞予想 2015 | トップページ | クイーンS予想 2015 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/61910510

この記事へのトラックバック一覧です: 函館記念予想 2015:

« ラジオNIKKEI賞予想 2015 | トップページ | クイーンS予想 2015 »