« オークス予想 2015 | トップページ | 日本ダービー予想 2015 »

2015.05.27

オークス回顧 秋へ期待高まるルージュバック2着

ルージュバックが桜花賞に続いて1番人気を集めたオークス。 レース10日前まで外厩で調整され、十分な追い切り本数がこなせない中での出走だった。 2歳秋は百日草特別を圧勝したが阪神JFには向かわず、 年が明けて厳寒の京都、きさらぎ賞に参戦する異例のローテーションを組んできた。 ありていの表現をすれば、体調の維持が難しい馬なのだろう。 自ら望んだわけではなく、レース間隔を稼ぐための選択だった。 想定外のスローペースに惨敗を喫した桜花賞の後も、 調子、馬体重の回復が最大のミッションとなったはず。 結果、強い追い切りは掛けられなかったものの、走れる状態には整えられていた。 さすがノーザンファームと大竹厩舎ということではないか。 鞍上の戸崎は後方で為す術なく終わった桜花賞を省みて、 積極的な競馬をすることを決めていた。 最も悔やまれるのはレースに負けることではなく、 能力を出しきれずにゴールが来てしまうこと。 それほど折り合いに不安のない同馬なら、好位にポジショニングすることは 難しいことではない。

14番枠からスタートしたルージュバックは平均的なダッシュ。 ハナを取りに行ったノットフォーマルらを先に見ながら、 1コーナーでは馬群の外、6番手と想定通りの位置を確保した。 ルージュバックをマークするように、桜花賞2着クルミナル、3番人気 ミッキクイーンらが続いた。 隊列は落ち着き、1000メートル通過は61秒3。ゆったりした流れにも、 ルージュバックが口を割ることはない。一方、桜花賞馬レッツゴードンキは 終始、行きたがる素振りを見せていた。 3コーナーを過ぎて徐々にルージュバックが仕掛ける。 直線入り口では手綱は激しくしごかれ、ロングスパートが始まった。 坂を上がり残り200メートル。戸崎の叱咤に少し寄れながらも、内のローデッドらを 交わして先頭に躍り出る。ルージュバックを目標にしたクルミナル、ミッキークイーンが 脚を伸ばす。息が上がりながらもクルミナルを退けたが、 ゴール前、ミッキークイーンの差し脚に屈することになった。

後半5ハロンは11秒台が連なる持続力の問われるラップ。 王道の競馬をしたルージュバックには厳しい展開になった。 それでも八分のデキで、これだけの競馬ができたのだから大いに褒められて良い。堂々と正攻法でクラシックに挑んだ戸崎の手綱も見事なものだった。 夏を越し、古馬になるに従い、体質は強くなっていくはず。秋が楽しみだ。勝ったミッキークイーンは桜花賞を除外になり、忘れな草賞を快勝してのオークス。体調は万全。 上質のディープインパクト産駒らしい、瞬発力の良さを活かすことができた。 この馬もどんどん成長していくタイプだろう。 3着はクルミナル。馬体は10キロ減と心配されるところもあったが、 2400メートルを最後まで頑張った。 去年のハープスター、バウンスシャッセに続いてキャロットクラブの 2、3着である。クイーンズリングは後方待機も9着。距離適性に欠けたか。 キャットコインは12着。状態が戻りきらなかったようだ。

|

« オークス予想 2015 | トップページ | 日本ダービー予想 2015 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/61651445

この記事へのトラックバック一覧です: オークス回顧 秋へ期待高まるルージュバック2着:

« オークス予想 2015 | トップページ | 日本ダービー予想 2015 »