« 皐月賞回顧 ”荒々しく” 馬群突き破るドゥラメンテ | トップページ | 天皇賞春予想 2015 »

2015.04.26

フローラS予想 2015

春のクラシック戦線も後半戦。 今週はオークストライアル、フローラSが行われる。 桜花賞組とは力の差が開いているのは否めないが、 それでも将来の楽しみな馬も目につく。 本命はハーツクライ産駒のディアマイダーリン。 未勝利を勝ち上がるまで時間を要する血統だが、 同馬は2歳秋に能力開花。500万下の赤松賞では 行き場を失いながら、ゴール前の一瞬の脚だけで アネモネSを勝つテンダリーヴォイスを差しきった。 休養明けとなったフラワーCでは、出遅れて道中でまくる強引な競馬で3着。 逃げ馬が勝ち切る展開でのもので、内容は桜花賞8着のアースライズより 遥かに濃いものだった。府中替りは大歓迎、 鞍上が横山典弘に戻るのも好材料。母系の豊富なスタミナから 距離延長はプラスに働く。 対抗はマキシムドパリ。今回で3戦連続1枠1番を引いたが、 前走は不利があっての2着。直線で強い牡馬相手に盛り返したつばき賞、 クイーンズリングの2着だった菜の花賞とも高い評価が与えられるレースだった。 単穴にナガラフラワー。前走は道悪で参考外で、 エルフィンSでクルミナルの2着だったのが実力。 内枠有利の東京2000メートルも、8枠の好走率は悪くない。

◎ディアマイダーリン ○マキシムドパリ ▲ナガラフラワー
△フロットアレー、シングウィズジョイ、バンゴール

|

« 皐月賞回顧 ”荒々しく” 馬群突き破るドゥラメンテ | トップページ | 天皇賞春予想 2015 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/61494539

この記事へのトラックバック一覧です: フローラS予想 2015:

« 皐月賞回顧 ”荒々しく” 馬群突き破るドゥラメンテ | トップページ | 天皇賞春予想 2015 »