« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月の8件の記事

2014.12.31

有馬記念回顧 女王が枠順ドラフトの幸運活かす

JRA史上初、いわゆる「枠順ドラフト」が行われた有馬記念。 抽選役の田中将大投手が最初に引いたのはジェンティルドンナだった。 陣営は4番枠を選択。続くトゥザワールドは6番枠を選んだ。 中山2500メートルは極めて内枠が有利と言われ、 さらに後入れの偶数枠は喉から手が出るほど欲しい馬番。 枠順ドラフト自体はサプライズなく終わったが、 結果的にジェンティルドンナとトゥザワールドがワンツーを決め、 外枠に入った人気馬が敗れたのだから、 素直に幸運を受け取った馬を買うのが正解だった。 とはいえ、当のマーくんも本命はゴールドシップだったから、 オーソドックスな予想では的中させることは難しかった。 波乱の要因は1000メートル63秒という遅いラップ。中盤でハロン13秒が3度も 連続して記録されている。 2011年(オルフェーヴル)、1990年(オグリキャップ)など、 しばしば有馬記念では思わぬスローペースが出現する。

注目されていたスタートの位置取り。 折り合いに課題のあるエピファネイアは13番枠を引き、 好位置を確保しようと気合をつければ、暴走の可能性もあった。 しかし、テン乗りの川田は好発を決め、ハナを切るヴィルシーナの2番手で 落ち着かせた。レースを支配できるポジショニングで、本命を打っていた私は無事スタンド前を通過したときにはほぼ勝利を確信したほどだった。だが、誤算は道中、 まったくペースをあげなかったこと。折り合いを最重視したためだと思うが、 速い脚が短時間しか使えないエピファネイアにとって、 4角で後続とのリードがなくなる競馬をしては勝つことは容易でない。 上がり勝負になればジェンティルドンナをはじめ、 ライバルは同馬を凌駕する。川田は大事に乗りすぎた。 だが、馬の操作性を含めた総合能力が競馬であり、 初めての跨ったジョッキーを責めることはできまい。 もっとも、同じ服色のハープスターともども、ファンの期待を裏切ることになってしまったのも事実だ。

勝ち馬、ジェンティルドンナは右回りが不安材料とされ、 4番人気に留まっていたが、スローの上がり勝負は得意とするところ。 内枠で上手く脚を溜められ、理想的な競馬をすることができた。 八大競走初制覇の戸崎圭太も感慨ひとしおだろう。これがラストランになるが、ジャパンカップ連覇など芝G1を7勝というのは凄い記録だ。 同じ戦績を刻める牝馬は二度と現れないかもしれない。 2着トゥザワールドは枠とコース適性を活かし、復活の狼煙をあげた。 母も兄も有馬記念は人気薄で3着に好走している。 とにかく中山が合う血統だ。3着はゴールドシップ。 3コーナーから追い上げていったが、展開に泣かされた。 4着にジャスタウェイ。スタートは速かったが、スタミナを気にしてか後方待機。 直線は外から猛然と追い込んだが、既に勝敗は決まった後だった。 横山典弘が代打騎乗した中山記念のような、積極的なレース運びを期待していただけに残念だ。中山の直線は何十年も昔から”短い”のだから。 ともあれ、全馬が無事に完走したことを喜び、 今年も数々の名勝負を見せてもらえたことに感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.27

有馬記念予想 2014

日本で初めて陣営が自ら希望する馬番を選ぶ、いわゆる枠順ドラフトが行われた有馬記念。圧倒的に内枠が有利なコースで、有力馬はこぞってクジ運なく、余りものの外枠に入ることになった。内枠には伏兵馬が並んだが、このコースに相性悪いディープ産駒が多く、そちらも食指は伸びづらい。ならば、素直に馬の力を信じてエピファネイアの連勝に期待しよう。ジャパンカップの独走は圧巻。時計のかかる馬場は得意とし、問題は折り合いをつけられるかどうかだけ。本格化前の皐月賞で2着があるように、中山自体を苦手とするわけでない。今年、同じキャロットのハープスターで期待に見合う成績を収められなかった川田が、どのような手綱さばきを披露できるか。勝負はスタート後のポジショニングだ。対抗にはグランプリ4連覇がかかるゴールドシップ。有馬記念は鬼のステイゴールド産駒だ。3番手にジャスタウェイ。距離の心配はまったくない。どんなフィナーレになるにせよ、無事に全馬がゴールして、この一年を締めくくってほしい。

◎エピファネイア ◯ゴールドシップ ▲ジャスタウェイ
△ラストインパクト、フェノーメノ、ジェンティルドンナ

| | トラックバック (0)

2014.12.24

有馬記念で集大成? キャロットクラブがリーディング1位へ

今週は2014年を締めくくる有馬記念。 このレースがラストランとなるジェンティルドンナ、ジャスタウェイをはじめ、 グランプリ3勝のゴールドシップ、ジャパンカップを圧勝したエピファネイア、 ダービー馬・ワンアンドオンリーなど豪華な顔ぶれが揃い、 多いに暮れの一番を盛り上げてくれている。 そうした陰で、激変する競馬界を象徴する歴史的な記録も成し遂げられようとしている。 馬主の収得賞金額で競われるオーナーリーディング、 大衆向けクラブ法人の「キャロットクラブ」が27億円を超え、初めて1位を獲得する可能性が高まっているのである。 キャロットクラブはノーザンファーム傘下にあり、 1頭400口で募集を行っている。所有頭数はおよそ240頭で、4年前からはサンデーレーシング、社台レースホースに続く3位の定位置を確保してきた。 2010年にはサンデーRとの収得賞金差は15億円ほどあったが、 去年は6億円まで差は縮まっていた。今年はエピファネイア、ハープスター、 トゥザワールド、バウンスシャッセなどがG1戦線で活躍し、 先週もディアデラマドレが愛知杯を制して賞金を加算し、トップを走っている。

有馬記念は1着賞金2億円、2着8000万円のボーナスレース。 先週時点、3億7千万円差のリーディング2位で キャロットクラブを追う社台RHは出走馬がいない。 3位サンデーRはジェンティルドンナ、フェノーメノの2頭を参戦させるが、 4億6千万円と大きく差が開いている。逆転はほぼ不可能だ。 キャロットクラブ躍進の原動力は、エピファネイア、ハープスターだろう。 ノーザンファーム系で”本家”は40口募集のサンデーRであり、 キャロットクラブは格下の分家。だから、クラシックを狙えるような素質馬で 募集にかけられるのは牝馬に限られるとも言われてきた。 過去、オークス馬にはシーザリオ、トールポピーがいる。 桜花賞馬・ハープスターも、世代の目玉としてラインナップされた。 一方、初めて牡馬クラシックを制したのが菊花賞馬・エピファネイア。 素質は募集時から一級品だったが、母シーザリオが所属馬だったことから割り振られた。 いわゆるキャロット血統だが、優秀な牝馬は続々と繁殖入りしており、 エピファネイアと同様のケースは今後、増えていくと期待される。

だが、去年の1.5倍にも迫ろうとする収得賞金は、特別な2頭だけが稼ぎだしたものではない。先週時点で勝利数は113と、 すでに去年を16勝も上回っている。5年前は86勝、10年前は41勝に留まっていたのだから、 所属馬全体のレベルアップが著しいと言えよう。 こうしたクラブの底上げは一朝一夕に成功するものではなく、この10年、ノーザンファームがキャロットクラブに注力してきた結果である。 振り返れば1990年代まではサクラ、ナリタ、マチカネ、キョウエイなど、 個人馬主がトップ10に名を連ねていたが、2000年代にサンデーR旋風が吹き荒れ、 2010年代にはクラブ法人が上位を占めるようになっていく。 今年、ランキング8位までを眺めると、個人馬主はメイショウの松本好雄と ドバイ首長のシェイク・モハメドしかいない。 残りの6つのうち3つはノーザンファーム系の キャロットクラブ、サンデーR、シルクホースクラブだ (他は社台RH、マイネルのラフィアン、レッドの東京ホースレーシング)。

社台グループにとってクラブ法人は、 個人馬主ほど景気に左右されずに馬を売ることができ、 さらには出資後も生産馬を自由に扱える、使い勝手のいい仕組みである。 かつては個人馬主への遠慮から、クラブ馬は大レースを勝てないと言われたこともあったが、 そうした時代はとうに過ぎ去った。 いま、キャロットクラブという分家が、一時的にせよ本家を凌ぐというのも 時代の変化を示すものかもしれない。 ノーザンファーム傘下に入ってから勝ち鞍を倍増させたシルクHCと合算すれば、 次の10年は分家連合が経営の支柱になる可能性が高い。 もっとも、依然として本家に素質馬が集まる状況には変わりはないだろうが、 今後、その濃淡は薄まっていくのか、あるいは揺り戻しがあるのか、 ノーザンファームの戦略を見つめるのも楽しみである。 今週、エピファネイアが優勝すれば、 キャロットクラブとしては初の年度代表馬を送り出すことになろう。 果たして有馬記念を2014年の集大成とすることができるか、注目したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.21

朝日杯FS予想 2014

阪神マイルに舞台を移した朝日杯FS。紛れの少ないコースに変わり、クラシックにも結びつきやすくなるかもしれない。芝がどこまで回復するか、予測が難しいのが馬券を難解にしている。良馬場の方がベターとは思いつつ、ハーツクライ産駒のナヴィオンの激走に期待する。新馬では阪神JFを制するショウナンアデラに快勝。その後の二度の敗戦は、位置どりの誤りと道中の不利と、原因ははっきりしている。この秋、巧みなレースを見せながらG1を勝ちきれない福永だが、馬の調子は絶好で、この辺りで勝利の美酒を味わっても良い頃。相手はディープ産駒のダノンプラチナ、シルクのネオルミエール、ブライトエンブレムも道悪巧者のネオユニの血から侮れない。

◎ナヴィオン ○ダノンプラチナ ▲ネオルミエール
△ブライトエンブレム、アッシュゴールド、クラリティスカイ、タガノエスプレッソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.13

阪神JF予想 2014

桜花賞と同じ舞台で行われる阪神ジュベナイルフィリーズ。 基本的には強い馬でなければ勝つことができない、 タフさが求められるコースである。 過去10年、関東馬の優勝は三冠馬アパパネに留まり、 勝ち馬は関西馬から選ぶのがセオリーだ。 本命はキングカメハメハ産駒のレッツゴードンキ。 札幌の新馬戦は3馬身差の楽勝、 返す刀で札幌2歳Sに挑んで強豪牡馬相手に3着と好走した。 前走のアルテミスSは差してハナだけ届かなかったものの、 初めての輸送競馬を克服してのものだけに価値がある。 スタミナは豊富で底力勝負になるのは望むところだ。 管理する梅田智之師はオーストラリアでアドマイヤラクティを亡くす 悲劇に見舞われたばかり。国内初G1勝ちをつかんでほしい。 ちなみにレッツゴードンキの生産者は清水牧場。 梅田智之師の父、梅田康雄師に初G1をもたらしたダイタクヘリオスの 生産者でもある。レッツゴードンキが勝てば、 ファンは不思議な縁を感じることになるだろう。 相手は新馬戦が圧巻だったロカ、 2戦無敗のコートシャルマンが続く。

◎レッツゴードンキ ○ロカ ▲コートシャルマン
△ココロノアイ、スマートプラネット、トーセンラーク、ダノングラシアス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.07

チャンピオンズC予想 2014

ダートレースの最高峰として中京で 再出発することになったチャンピオンズカップ。 府中から阪神に移行したジャパンカップダートは 国際招待としては全く機能しなくなっていたから、 遅きに失したとはいえ、過ちは改むるに憚ることなかれ、である。 狙いたいのはホッコータルマエ。 去年はJBCクラシック、東京大賞典、帝王賞など 地方のビッグタイトルを総なめにし、 ジャパンカップダートも1番人気に推された。 今年は全く適性に合わないドバイWCに挑戦して大敗、 長い休養を余儀なくさせられた。 半年以上ぶりの前走、JBCクラシックを叩かれて復調気配。 スピード、スタミナ兼ね備えた同馬なら、 厳しい流れになっても好位から押しきれるはずだ。 対抗は人気のコパノリッキー、単穴には4歳インカンテーション。

◎ホッコータルマエ ○コパノリッキー ▲インカンテーション
△クリソライト、ローマンレジェンド、インペラティヴ、ワンダーアキュート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.04

逆ギレ誘導員がムチ連打 ローブはパニックで大惨敗  

先週、京都競馬場で行われた京阪杯。 スタート前、正視できない映像が飛び込んできた。 とてもホースマンの端くれとは思えない、誘導員の行動だ。 この日、15番枠を引いたローブティサージュだったが、 追いきりでの好調さとスプリンターズSからの巻き返しを期待されて4番人気。 先入れの奇数枠で、厩務員に引かれてゲートに向かったのだが、入るのを嫌がって輪乗りの場所まで後ずさりしてしまった。 ローブはトレセンでも馬場入りを嫌がることがままあり、 その際は目隠しをして入れるようにしていた。 そのため、鞍上の三浦騎手は「目隠しをすればスッと入る」と進言したが、 聞き入れてもらえなかった。係員2人が力ずくでバックさせるが、 馬は興奮するばかり。そして、後ろから無理矢理入れようとしていた誘導員を蹴ってしまった。それ自体はアクシデントだが、 問題はその後である。誘導員は怒りに任せて、持っていた長いムチを連打したのだ。

もともと同馬は後ろ脚で蹴る癖があり、周囲に注意を促す赤いリボンが結ばれている。注意を怠らなければ、誘導員が蹴られることもなかっただろう。 だが、自らの不注意が原因だったことで却って逆上したのか、 馬を威嚇するようなステップで近づき、ムチを二度、三度と振り続けた。 三浦は「職員が蹴られて、それに怒ったのか余計に鞭を打ってきました」と述べている。 その後、騎手が下馬し、ようやく目隠しされたローブは素直にゲートまで引かれていった。 しかし、一度、パニック状態に陥った同馬の目は血走り、 「体も硬直していたし、ゲートを出てからは冷静さを欠いて走ってた」(三浦)。 結果は人気を裏切る14着。 レース後、調教助手は「なぜすぐに目隠しをしなかったのか」と聞きに行ったが、 「こちらにも順序がある」と突き放されたと言う。 最初から騎手の進言に従っていれば、逆ギレした職員が馬を興奮させなければ、 結果は違っていたはずだ。

JRA職員も人の子だから、大観衆の前で失態すれば感情も高ぶるだろう。 発走時間の遅延を避けなければというプレッシャーもあっただろう。 だが、それらを差し引いても、今回のローブへの対応は看過はできない。 同馬の背後には多額の馬券を賭けているファンがいる。 丹念に世話をし、調教を重ねてレースに臨んだ関係者がいる。 職員が考えなくてはならないのは、どう馬を落ち着かせてゲートに導くかである。 個人的な感情に任せて不必要なムチを連打し、馬を興奮させるなど、 プロフェッショナルとして最低の振る舞いではないか。 JRAの唱える”公正競馬”とは対極にある行為である。 ローブには発走調教再審査が課せられたが、それより不安は精神面への悪影響だ。 繊細な牝馬、今後、レースで枠入りを怖がるようになれば、 競走生活そのものが終わってしまう。 JRAの誘導員は一時の感情に流されることなく、一つ一つの行動を慎重にしてほしい。

*騎手、助手のコメントはシルクホースクラブの公式サイトより引用した。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014.12.02

ジャパンカップ回顧 世界の名手でエピファネイア復活

レース前、一部では凖オープンの勝ち鞍しかないサトノシュレンが 出走することに異議も発せられたジャパンカップ。 だが、その馬が勝負の行方に大きな影響を 与えるのだから、競馬は面白い。ゲートは全馬一線。 サトノシュレンが押してハナを奪い、2番手にタマモベストプレイ、 並びかけるようにエピファネイアが続いた。 1000メートルは59秒6。前日の雨が残り、実質的には稍重に近い馬場で、 サトノシュレンが引っ張る締まった流れはスタミナを競う展開を生み出した。 もともと折り合いに課題のあるエピファネイアだが、 この日は初騎乗のスミヨンがガチっとコントロール。 気性難の馬を支配下に置く技術は、欧米の名手に何日もの長がある。 脚を溜められたエピファネイアは直線でポテンシャルを全開させることができた。 残り400メートル、抜群の手応えで先頭に立つと独走。 2着に4馬身差をつける楽勝劇だった。しかもタイムは2分23秒1。 馬場を考えると、驚異的な時計だろう。 父シンボリクリスエスを彷彿とさせる勝ち方である。

今春は大阪杯、香港とチグハグなレースで躓いたが、 原因のひとつには折り合い重視の調整が裏目に出たことにあると、 夏は立て直しのため休養。その判断が功を奏して、 天皇賞を一叩きされた今回は最高の仕上がりだった。 菊花賞馬であり、スタミナ勝負は多いに望むところ。 淀みないペースで極端に抑えなければならないリスクも回避できた。 次走の有馬記念も、自滅することがなければ優勝争いをするはずだ。 2着はエピファネイアの主戦、福永のジャスタウェイ。 決して自分の距離ではないが、凱旋門賞でも伸びを見せていたように 能力で適性を補った。福永の手綱も文句ないものだったが、 勝ち星を譲ったのは悔しいだろう。3着に追い込んだスピルバーグ。 明らかにディープインパクト産駒には向かない馬場、展開のなかで、 最速の上がり34秒8でジャスタウェイに迫ったのだから、 真の成長を認めないわけにはいかない。 有馬記念というタイプではないが、来年以降、楽しみが広がった。

1番人気ジェンティルドンナは4着。3連覇は果たせなかったが、 タフな馬場コンディションでも崩れなかったのは恐れ入る。 有馬記念が引退レースとなるようだが、本当に素晴らしい名牝である。 凱旋門賞帰りのハープスターは5着。 追い切りでラストインパクトにあしらわれたように、調子は決して万全ではなかった。 レース中に故障馬との接触もあって不運だった。 ゆっくり休んで、来年に備えてほしい。 3歳牡馬はワンアンドオンリーが7着、イスラボニータが9着。 世代レベルに疑問符がつく結果になってしまった。 その間、8着に来たフェノーメノは良化が感じられ、 有馬記念では注意が必要ではなかろうか。また、アイルランドダービー馬の トレーディングレザーは競走中止、予後不良となった。 日本のファンも異国の地でアドマイヤラクティを失ったばかり。 欧州の関係者とファンに弔慰を表したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »