« 有馬記念で集大成? キャロットクラブがリーディング1位へ | トップページ | 有馬記念回顧 女王が枠順ドラフトの幸運活かす »

2014.12.27

有馬記念予想 2014

日本で初めて陣営が自ら希望する馬番を選ぶ、いわゆる枠順ドラフトが行われた有馬記念。圧倒的に内枠が有利なコースで、有力馬はこぞってクジ運なく、余りものの外枠に入ることになった。内枠には伏兵馬が並んだが、このコースに相性悪いディープ産駒が多く、そちらも食指は伸びづらい。ならば、素直に馬の力を信じてエピファネイアの連勝に期待しよう。ジャパンカップの独走は圧巻。時計のかかる馬場は得意とし、問題は折り合いをつけられるかどうかだけ。本格化前の皐月賞で2着があるように、中山自体を苦手とするわけでない。今年、同じキャロットのハープスターで期待に見合う成績を収められなかった川田が、どのような手綱さばきを披露できるか。勝負はスタート後のポジショニングだ。対抗にはグランプリ4連覇がかかるゴールドシップ。有馬記念は鬼のステイゴールド産駒だ。3番手にジャスタウェイ。距離の心配はまったくない。どんなフィナーレになるにせよ、無事に全馬がゴールして、この一年を締めくくってほしい。

◎エピファネイア ◯ゴールドシップ ▲ジャスタウェイ
△ラストインパクト、フェノーメノ、ジェンティルドンナ

|

« 有馬記念で集大成? キャロットクラブがリーディング1位へ | トップページ | 有馬記念回顧 女王が枠順ドラフトの幸運活かす »

レース予想」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/60874117

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念予想 2014:

« 有馬記念で集大成? キャロットクラブがリーディング1位へ | トップページ | 有馬記念回顧 女王が枠順ドラフトの幸運活かす »