« 先週の一口馬結果 | トップページ | 今週の一口馬出走 青葉賞 »

2014.05.02

不運が重なった落馬事故 後藤は秋以降の復帰へ意欲

先月27日の東京10レースで落馬事故に見舞われた後藤浩輝。 馬が大きく転倒し、投げ出された後藤は起き上がることができず、その容態が心配された。診断の結果は第5、第6頸椎棘突起の骨折で、「歩行も可能だが、腕のしびれが残り、力の入らない状態」(報知)。 競馬場に戻るのは秋以降になることが明らかになった。後藤は一昨年の5月と9月にもレース中の落馬で頚椎を骨折し、合計1年4ヶ月もの休養を余儀なくされていた。手術やリハビリを経て昨秋に復帰し、今春はショウナンアチーヴでニュージランドTを制覇するなど順調に活躍を続けていただけに、あまりに酷なアクシデントだと言うほかない。 1日、後藤はフェイスブックに顔面に内出血の残る痛々しいコルセット姿の写真を掲載し、ジャッキー・チェンを引き合いに出しながら復帰に向けた意欲を明らかにした。

後藤浩輝、ちゃんと生きてます。 皆さんご心配とご迷惑をかけてしまい本当にごめんなさい。 この数日、嘘のような現実に悔しくて悔しくて泣き叫びたくて仕方ありませんでした /僕たちが憧れていたジャッキーはどんなにアクションで身体中の骨が折れてボロボロになってもまた立ち上がり闘い続けて僕たちに勇気と笑顔を与えてくれたじゃないか!まだまだ僕は立ち上がれる…。 みんな、待ってろよ‼︎ (フェイスブック)

一歩間違えれば取り返しの付かない事態も考えられた事故だったが、後藤が再び手綱を取る決意を示してくれたことに敬意を表したい。辛いリハビリの日々もあると思うが、がんばって乗り越えてほしい。今回、加害馬に騎乗していたのが、一昨年のNHKマイルCにおいて後藤落馬の原因をつくった岩田康誠だったことで、同騎手の責任を問う声が聞こえてくる。読売新聞の「落馬し重傷、2年前と同じ騎手が妨害」との見出しにも、批判的なニュアンスが感じられる。もともと岩田は強引な騎乗が目立つタイプで、そうした姿勢が馬主や調教師から積極的に肯定されるところがあった。ジェンティルドンナでオルフェーヴルと激しく接触したジャパンカップ(騎乗停止2日間)は印象が強いのではないか。このときは岩田の闘志を吉田勝己や岡田繁幸らは評価していた。一方、ロードカナロアを大きく外へ斜行させた安田記念では、寄れても左ムチを叩き続けた騎乗に過怠金10万円が課せられた。 2着だった浜中が涙ながらに不利を訴えたことをファンは覚えているのではないか。

今回の落馬事故はどのように引き起こされたのか。 一昨年のNHKマイルCでは、行き場を失った岩田(マウントシャスタ)が無理やり後藤(シゲルスダチ)の進路をカットしたものだった。非は明白に岩田にあった。しかし、今回は同様の事故と断じるのは難しい。パトロールビデオを確認する。先行馬の後ろにいた岩田(リラコサージュ)の外側には十分スペースがある。後藤(ジャングルハヤテ)の進路もギリギリ残されている。しかし、外の馬が内へ寄ってきたことで、後藤も内へ押し込められる。岩田との進路が重なり、後ろにいた後藤は接触して投げ出される。岩田に不注意があったのは事実だろうが、妨害の意志があったわけではない。レースのアヤも絡んで不運が重なった結果だった。騎乗停止は開催4日間。採決の見立てからも遠くはないだろう。しかし、11人のジョッキーがいたなかで、岩田が加害者、後藤が被害者となるのだから事実は数奇と言うのか、あるいは遠因を見出すべきなのか。

去年から導入された降着・失格制度は、ほとんどのケースで着順変更を行わない仕様で、岩田・リラコサージュの入線順位も変わらないまま確定した。馬でなく騎手を処罰することでラフプレーを抑制できるという新制度。今回のケースは悪質ではないが、トータルでは危険な騎乗は増えていないか、騎手たちが強引な手綱さばきを求められていると感じていないか、 きちんと検証した結果を公表してほしい。また、落馬させても失格とならないルールをファンは疑問なく受けいれているかといった信頼性も確かめる時期にあるのではないか。もう一つは、今回の事故直後、フローラSをサングレアルで追い込み勝ちしてタフな精神力を見せた岩田の今後。騎乗に変化があるのかどうか、気になるところだ。勝負事に積極性は欠かせなくても、最悪の事態が起きるようなことだけは避けてもらいたい。

>>降着・失格に新基準 ラフプレーの増加には懸念も(2013/1/15)

|

« 先週の一口馬結果 | トップページ | 今週の一口馬出走 青葉賞 »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/59567357

この記事へのトラックバック一覧です: 不運が重なった落馬事故 後藤は秋以降の復帰へ意欲:

« 先週の一口馬結果 | トップページ | 今週の一口馬出走 青葉賞 »