« 今週の一口馬出走 青葉賞 | トップページ | 天皇賞春回顧 キズナ弾けず、今年も1番人気敗れる »

2014.05.04

天皇賞春予想 2014

去年、単勝1.3倍のゴールドシップが敗れ、 1番人気が7連敗中の天皇賞春。 過去10年、ディープインパクトを除いて、1番人気は連絡みすらしたことがない。 だが、そのうちの多くは今から振り返れば”怪しい”人気馬だったし、 そうでないオルフェーヴルも精神面の不調を抱えていた。 今年の1番人気はキズナ。2500メートル以上の距離経験はなく、 前走も2000メートルの大阪杯だった。死角を見つけるのは難しくない。 昨秋、キズナは渡仏してニエル賞を勝ち、凱旋門賞で4着したことで、 過度な負担になって翌年に帰ってくるのではないかと心配された。 しかし、エピファネイアに人気を譲った大阪杯は、 そうした不安を払拭するに足らず、これからキズナの時代が到来することを 予測させる勝ち方ではなかったか。 スローペースを最後方から追走、内回りを物ともせずに堂々と差しきってしまったのだ。 ロンシャンのような深い芝でも、日本の高速馬場でも結果を残しているのは、 ベースの能力が段違いだから。 3200メートルは適距離でなくても、父ディープインパクトが 同じ舞台で圧倒的なパフォーマンスを披露したように、ライバルたちを捻じ伏せるだろう。 大いにキズナというサラブレッドに期待したい。 対抗はウインバリアシオン。古馬になっても成長し続けている。 単穴に菊花賞2着、スタミナ豊富なサトノノブレス。

◎キズナ ○ウインバリアシオン ▲サトノノブレス
△ゴールドシップ、フェノーメノ、ラストインパクト、アドマイヤラクティ

|

« 今週の一口馬出走 青葉賞 | トップページ | 天皇賞春回顧 キズナ弾けず、今年も1番人気敗れる »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/59578372

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春予想 2014:

« 今週の一口馬出走 青葉賞 | トップページ | 天皇賞春回顧 キズナ弾けず、今年も1番人気敗れる »