« 今週の一口馬出走 桜花賞・阪神牝馬S | トップページ | 桜花賞回顧 世界への扉を開けたハープスター »

2014.04.13

桜花賞予想 2014

圧倒的に外枠が目が強い桜花賞。 断然人気のハープスターは大外を引いたが、 力が抜けている分、アクシデントのリスクは減ったと 好意的に解釈することができよう。 デビュー2戦目の新潟2歳Sは最後方一気の脚の ゴボウ抜きでファンの度肝を抜いたが、 このとき3馬身ちぎった相手がイスラボニータ。 東スポ杯、共同通信杯を連勝し、牡馬クラシックの主役級を務める馬だ。 明らかに仕上がっていない阪神JFでは不利があって 2着に敗れたが、チューリップ賞は全くの楽勝で一抹の不安も払拭した。 今回も外を回して追い込んでくるはずだが、 例え流れが遅くなっても取りこぼすシーンが思い描けない。 対抗は阪神JFでハープスターに先着したレッドリヴェール。 桜へ直行するローテは予定通りで、 極悪馬場だった札幌2歳Sを勝ち切った精神力は特筆すべきもの。 ジャスタウェイの須貝厩舎は勢いがある。 単穴にフォーエバーモア。早めの競馬で先行の利を活かしたい。以下、アドマイヤビジン、 ヌーヴォレコルトなど。

◎ハープスター ○レッドリヴェール ▲フォーエバーモア
△アドマイヤビジン、ヌーヴォレコルト、ベルカント、リラヴァティ

|

« 今週の一口馬出走 桜花賞・阪神牝馬S | トップページ | 桜花賞回顧 世界への扉を開けたハープスター »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/59458708

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞予想 2014:

« 今週の一口馬出走 桜花賞・阪神牝馬S | トップページ | 桜花賞回顧 世界への扉を開けたハープスター »