« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の4件の記事

2014.03.30

高松宮記念予想 2014

前夜のドバイではジャスタウェイ、ジェンティルドンナと 日本馬がビッグレースをさらう素晴らしい結果が待っていた。 ”だからお返し”、と言うわけではないが、 ドバイ首長のシェイク・モハメドにも日本での投資を 回収してもらわなくてはならないだろう。 ダーレーが日高で生産したレディオブオペラは、シングスピールの持ち込み馬。 昨夏、遅いデビューをして、スプリント戦はオープンを含めて5勝をあげている。 前走のシルクロードSでは1番人気で2着に敗れたが、 調子を崩して14キロも体重を減らしたのが敗因だ。 決してハナに拘るタイプでなく、今回は先に行く馬を内に見ながら 好位を追走する形になろう。 雨がどこまで馬場に影響を与えるのかは直前まで注意を要するが、 道悪自体は問題にしないはずだ。 対抗はシルクロードSで本命馬を破ったストレートガール。 単穴に時計かかる展開は歓迎のスマートオリオン、連下に道悪は鬼のレッドオーヴァル

◎レディオブオペラ ○ストレートガール ▲スマートオリオン
△レッドオーヴァル、リアルインパクト、ハクサンムーン、コパノリチャード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.29

今週の一口馬出走 大寒桜賞

ワールドインパクト 3/29(土) 中京10R・大寒桜賞 川須

今週の出走は1頭。梅花賞、すみれSと1番人気を裏切っているワールドインパクトである。 前々走で退けたアドマイヤデウスがその後、若葉Sを制しているように、 潜在能力は非常に高いと思う。だが、抜けだしてソラを使うところがあって、 どうにも勝ち身に遅いタイプなのだ。 順調に賞金を加算できてさえいれば、皐月賞トライアルに出走していただろうが、 目標をダービーへの最終切符に切り替え、確勝を期してローカルに参戦してきた。 総体的なメンバーはレベルが下がったが、気になるのはハギノハイブリッド。 決め手に鋭いタイプで、早めに動いたところをバッサリやられそうな気もする。 ここを勝ち切れなければ、もう秋に目線を据えて成長を促すことになるだろうし、 代打の川須にはしっかり追ってもらいたい。枠は大外だが13頭立てなら文句は言うまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.26

先週の一口馬結果 フラワーC優勝

アペルトゥーラ 3/21 中山・未勝利 10着
シルクバーニッシュ 3/21 中京・中京スポーツ杯 16着
バウンスシャッセ 3/21 中山・フラワーC 1着

休養明けだったアペルトゥーラは大敗も、着順ほど負けていない。広いコースに変われば前進できそう。引退した領家厩舎から中内田厩舎に移って初戦だったシルクバーニッシュはシンガリ負け。いきなりの芝、しかもマイル戦には驚かされたが、案の定、暴走してスタミナを使い果たしてしまった。芝でもスピードのあるところが分かったのが唯一の収穫も、転厩初戦としては無謀な選択だと言わざるをえない。馬体も絞りすぎて、まさかの22キロ減。一旦、放牧に出されることになったが、新調教師は功を焦らずに馬のことを第一に考えてレース選択をしてもらいたい。

一方、大きな喜びをもたらしてくれたのがフラワーCを制したバウンスシャッセ。一口人生において、ローブティサージュに続く2頭目のステークスウイナー誕生である。牡馬相手に寒竹賞を勝っただけあって、牝馬同士なら上位争いもと期待はしていたが、直線で前が塞がる場面がありながら2馬身差の勝利。荒れ馬場を苦にしない中山巧者 ということで、好走条件が揃ったのだろう。レース後、藤沢師と陣営は皐月賞に向かうことを発表。クラシックの追加登録料200万円を会員が負担することになる。牝馬による皐月賞挑戦は23年ぶり。前回は1991年にダンスダンスダンスが15番人気5着の成績を残している(勝ち馬はトウカイテイオー)。さすがに牡馬一線級とは力の差があると思うが、桜花賞よりはベターな選択であることは間違いない。最後まで体調を見ながら、出走の是非を判断してほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.03.08

今週の一口馬出走 チューリップ賞・未勝利

アイリッシュギフト 土曜中山3R・未勝利(ダート1800) 江田照
リラヴァティ 土曜阪神11R・チューリップ賞(芝1600) 松山

アイリッシュギフトはデビュー2戦目。1月の新馬戦は無理に抑えて折り合いを欠いたのが敗因で、今度は馬の行く気を削がないレースをするはず。追い切りでは抜けだすと気を抜くところがあるとのことだが、江田照男がどんなレースをしてくれるか。人気馬のうち2頭が外枠に入ってくれたのは好都合。場合によってはハナに行く可能性も。 リラヴァティは年明けのフェアリーSからのステップになる。前走は平均ペースで馬群を引っ張っての3着。さすがに桜花賞でどうこうという力はないけれど、トライアルで出走権を手に入れられたら素晴らしい同じキャロットのハープスターなどライバルは強力だが、リラヴァティも仕上がりは良さそうなので頑張ってほしい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »