« 外れ馬券裁判は実質無罪も ”脱税”のリスクは変わらず | トップページ | エプソムC予想 2013 »

2013.06.02

安田記念予想 2013

過去10年で1番人気が連対したのはウオッカ1頭だけという、 波乱の安田記念。6歳以上のベテランホースが 穴をあけることが多いのも特徴だ。 本命は6歳馬、ダークシャドウ。4歳時は毎日王冠を勝ち、 天皇賞秋で2着するなど著しい成長をみせたが、 その後、伸び悩んでG1には手が届いていない。 2004年に安田記念を制したツルマルボーイも G1で惜敗を繰り返していた馬だったが、 奇しくもダークシャドウと同じダンスインザダーク産駒。 距離短縮、持続力問われる府中のマイルで 一変したのだった。戸崎は一昨年、 リアルインパクトを優勝に導いており、鞍上も頼もしい。 相手はマイルでも能力はそう減じないだろうロードカナロア、 前走でオルフェーヴルに迫ったショウナンマイティなど。

◎ダークシャドウ ○ロードカナロア ▲ショウナンマイティ
△グランプリボス、カレンブラックヒル、ダイワマッジョーレ、ナカヤマナイト

|

« 外れ馬券裁判は実質無罪も ”脱税”のリスクは変わらず | トップページ | エプソムC予想 2013 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

ロードカナロアは凄く強かった。
勝つに相応しい馬だったと思う。

でもあれだけ2・3着馬に影響を与えるほど斜行して、
しかも斜行を修正する気もない騎乗。
斜行方向にムチ連打なのだから故意犯と言われても言い訳できないでしょう。もしくは騎乗技術が未熟すぎる。

この場合、騎手は数ヶ月ぐらい騎乗停止or賞金に見合った高額な罰金にしないと、やったもん勝ちになってしまう。今日みたいにG1勝ちで10万の過怠金じゃ痛くもかゆくもない。陣営としても、騎手個人としても、利益の方が多くなってしまう。
これではあーいった騎乗が推奨されてるとしか言いようがない。

審議しないならしない、
到達順位を尊重するという新ルールで良いので
公共の場で行われる「競技」なのだから
罪と罰の均衡という公正性は保って欲しいと思います。

岩田騎手への今日府中に訪れていたファンのしらけきった態度を、少しJRAは肌で感じ取った方が良い。
ただ馬券をとればファンは喜ぶってわけじゃない。
あれではファン離れが加速しちゃう。

投稿: | 2013.06.03 02:10

競馬会はファン離れなど気にしないでしょう。最終的には税金で助けてもらえばいいだけですからね。

投稿: | 2013.06.04 14:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/57507813

この記事へのトラックバック一覧です: 安田記念予想 2013:

« 外れ馬券裁判は実質無罪も ”脱税”のリスクは変わらず | トップページ | エプソムC予想 2013 »