« 預託頭数削減 “負け組救済策”へ角居師が身を切る抗議
厩舎制度改革にヴィジョン示せ
| トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2013 »

2013.06.23

宝塚記念予想 2013

オルフェーヴルの回避は本当に残念だったが、 それでも4歳3強が顔を揃え、どんな結末が待っているのか 胸を躍らすグランプリになった。 予想は難解。買うより観て楽しむべきレース。 ではあるが、観戦料すら支払わないわけにはいくまい。 ジェンティルドンナは牝馬三冠、ジャパンカップと G1を4勝。前走のドバイも万全とはいえない 状況のなかで2着を確保した。歴史的名牝である。 ゴールドシップは天皇賞春はチグハグな競馬で 敗れたものの、皐月賞、菊花賞、有馬記念と他馬を寄せ付けない内容。 雨が降って湿った馬場も味方する。 甲乙つけがたいが、こういうときには第三の馬から入ろう。 3番人気のフェノーメノ。 古馬になって安定感がまし、春の盾を制した。 インパクトではジェンティルドンナ、ゴールドシップには劣るが、 2頭が牽制するなかで利を得られる。

◎フェノーメノ ○ジェンティルドンナ ▲ゴールドシップ
△トーセンラー、ナカヤマナイト

|

« 預託頭数削減 “負け組救済策”へ角居師が身を切る抗議
厩舎制度改革にヴィジョン示せ
| トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2013 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

ジェンティルドンナが加速するゴールドシップにおいていかれた瞬間、場内に大歓声がおこりました。
みんなどんだけ我慢してたんでしょうね。
エンタメとしては岩田騎手のギミックによりたまった鬱憤が、ジェンティルドンナの敗北によってカタルシスといったところなのでしょう。
全てがしこみならば大成功です。しこみなら、ですが。

いずれにしても今回、海外帰り・馬場・斤量といった条件を克服できなかったわけで、真価は秋に定まるのでしょうね。

投稿: | 2013.06.27 21:02

残念
ジェンティルドンナは凱旋門回避で
秋天からJCだそうです。
「希代の名牝」ではなく「東京の名牝」に終わってしまうのか?

また斤量克服の問題もあります。
馬格のある馬に対しては、岩田騎手のラフプレーが通用しないかもしれないという懸念もあります。
しかもあーいったプレーは、
ある意味不意をつくから効果的なのであって、
「ぶつけに来る」「塞いでくる」と相手騎手に織り込み済みでは効果も半減なのかも。

そういったいろいろな点をはねのけて
ジェンティルは勝てるのか?という興味はありますね。
あとキズナも東京でこその馬だと思いますが
JCでの対決も(実現すれば)見物かもしれません。

投稿: | 2013.07.09 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/57648792

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念予想 2013:

« 預託頭数削減 “負け組救済策”へ角居師が身を切る抗議
厩舎制度改革にヴィジョン示せ
| トップページ | ラジオNIKKEI賞予想 2013 »