« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の7件の記事

2013.05.29

外れ馬券裁判は実質無罪も ”脱税”のリスクは変わらず

3年間で馬券で得た利益を申告せず、 約5億7千万円を脱税したとして元会社員が所得税法違反に問われた裁判。 いわゆる「外れ馬券訴訟」の判決が23日にくだされた。 今回、最大の争点とされたのは外れ馬券が必要経費として認められるか否か。 元会社員は3年間で28億7千万円分の馬券をPATで購入。 払戻金として30億1千万円を受けた。実際の利益は1億4千万円。しかし、検察は直接的中した買い目以外は経費と認めず、5億7千万円を納付すべきだと主張していた。大阪地裁は「娯楽の範囲を越えて資産運用を目的に馬券を繰り返し購入した場合、外れ馬券の購入費も必要経費とすべきだ」と述べ、国税庁とは異なる判断を示した。そして、納税すべき額は5千万円余だとして、懲役2ヶ月、執行猶予2年の”実質無罪”を言い渡したのだった。 もし国税庁の主張に従えば、元会社員は一生かかっても払いきれない税金を負わされることになる。担税力の観点からも、裁判所は現実に即した判決を出したと言っていいだろう。 元会社員は地方税を含め10億円の課税処分を受け、処分の取り消しを求める民事訴訟も起こしている。

だが、これを以て外れ馬券が経費と認められたと一般に解釈するのは間違いだ。 あくまで裁判所は「金額も多額で、娯楽の域にとどまらない利益を得るための資産運用の一種」 と、例外的なケースだと見做したがゆえ、偶発性に由来する「一時所得」ではなく、 FXなど資産運用と同じ「雑所得」と判断したからだ。 原則は一時所得。当然、国税は競馬収入が90万円以上あった場合、年間収支がマイナスでも確定申告の義務が生じ、外れ馬券は必要経費に含まれないという 立場を変えていない。払戻金が年間90万円以上あるファンは星の数ほどいる。 「一般的な競馬ファンの“救済”までは至らなかった」 (デイリー)のである。 そもそも馬券は購入した時点で 10%を国庫に納付しているわけで、国税の行為は二重課税ではないか。 今回の裁判は馬券と税金の矛盾を曖昧なまま放置してきたツケが招いた結果だ。

JRAは売り上げ増のみを求め、課税リスクをきちんと説明しないまま高配当馬券の発売を推し進めてきた。三連単やWIN5で90万円以上の払い戻しを受けたファンのうち、 どれだけが正直に確定申告したのか。 ほとんどが”脱税者”の可能性だってある。彼らは潜在的な犯罪者であり、いつでも起訴されうるリスクを負っているわけだ。JRAは6か月を経過すると、払い戻しに関する個人データを消去している。 だから、JRA自身が国税に踏み込まれることはないと、タカをくくっているのかもしれない。 責任は申告しなかった個人にあると。 裁判に前後してJRAには「自分が受け取った払戻金が課税対象のケースにあたるのか」といった問い合わせが相次いでいる(産経)。そのため、今月からウェブサイトにFAQを掲載したというのだが、内容は…

Q.払戻金に税金はかかるのですか?
A.勝馬投票券の払戻金は税法上、課税対象となるケースがあり、 確定申告を要する場合があります。詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。 (JRA公式)

これほど人を小馬鹿にした解答はないだろう。 「誰でも100円で最高2億円を手にするチャンス」 「競馬初心者でもインターネットで簡単」と大々的に煽りながら、同時に生じる法的義務については 「詳しくはお近くの税務署に」と豆粒ほどの警告を記しているだけなのだから。 実際に刑事告訴されるファンが現れているなか、その原因となる ”商品”を売る公的機関としては極めて不誠実ではなかろうか。今回の件は競馬の根幹に関わる問題だ。 JRAも払戻金に対する課税を見直すべく、水面下で動き始めてはいるだろう。 だが、法改正までには時間を要する。 JRAは早急に今回の判決に関するステートメントを発表し、 これから上部機関にどのような働きかけをしていくのか、 ファンにどのような説明をするのか、明らかにすべきである。 都合の悪いときだけ「役所だから」と、ダンマリを決め込むのはあまりに格好が悪い。ファンが安心して馬券を買えるよう、心を砕いてほしい。

>>追徴課税5億円! あらわにされた「競馬と税金」の矛盾(2012/11/30) 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.05.28

日本ダービー回顧 ファンを熱狂させた人馬の”キズナ”

ここ数年にない盛り上がりを見せた日本ダービー。 ディープインパクトの2005年に迫る14万の入場者を集め、前年比104.5%の237億円余りの売り上げも記録した。 しかし、そうした数字以上にファンの熱狂を誰しもが直接、肌で感じられたのではなかろうか。 もちろん、キズナ陣営と武豊が演出したドラマに因るものであることは言うまでもない。まずキズナ。東日本大震災から復興をめざす日本社会、その連帯を示す象徴的な言葉である「絆」が馬名の由来だ。 2011年3月、大震災の直後に前田幸治オーナーが所有するトランセンドはドバイへ遠征。 ヴィクトワールピサとのワンツーを収め、深い哀しみにくれる日本にエールを贈った。 その後、前田は牧場一番の期待馬にキズナと名付けた。だから、キズナが勝つことは震災に打ち克つことを意味していた。プレゼンターで国歌独唱した西田敏行は 「“絆”という名の馬に出合えたことは、私が被災地の福島出身でもあり、非常に縁を感じるこ とができました」とレース後に述べている。キズナは勝つことを望まれ、運命づけられていたサラブレッドだった。

武豊。外国人、地方出身ジョッキーの目覚ましい進出、 大きな怪我と体力の衰え、そして社台グループとの不和…。 幾つかの要因が重なって、トップを独走していた時代は過去のものになりつつあった。 一方、多くのファンはまだ武豊の復活を望んでいた。社台グループの生産馬が競馬界を圧倒的に席巻し、海外から呼び寄せられるジョッキーたちが大レースを勝ち取っていく現況に、些か食傷していたと言って差し支えあるまい。そうした中で前田は日本人ジョッキーにこだわる稀有な大馬主だった。 デビュー2戦に跨った佐藤哲三が加療のため手綱を手放さざるを得なかったとき、 前田と佐々木晶三師は後継に武豊を指名した。ラジオNIKKEI杯、弥生賞は降板を告げられても不思議ではない敗戦だった。毎日杯、京都新聞杯と人馬はレースの度に一体感を強め、日本ダービーを迎えた。ファンには判官贔屓もあった。ウェットなストーリーを求める欲求もあった。大観衆を前にして「ぼくは還ってきました」とはにかんだとき、輝きを取り戻した天才騎手には心からの祝福が降り注いだ。苦境を乗り越えてきた武豊、人と馬との絆を大切にして栄冠をつかんだ陣営、そんな古き良き物語にファンは「おかえり」と快哉をあげたのだ。細切れにされていた世界を再び束ねてくれる、大きな物語の心地よさに酔いながら。

1枠1番を引いたキズナの競馬は決まっていた。内後方で脚を溜め、 4コーナーでは外へ出して追い込みにかける。果たしてレースはその通りになった。アポロソニックが逃げ、サムソンズプライドが2番手。 レースが落ち着いた2コーナー、メイケイペガスターが大胆にまくって先頭に躍り出る。藤田伸二は「流れが遅くてかかった」と言う。 そうだとしても、何が何でも抑える選択肢もあったはずだが、藤田は馬を外に向けて手綱を緩めた。 結果的には極端なスローにはしたくないキズナにとって、最良のアシストになったはずだ。 おかげで前後半イーブンの、どのポジションでも勝負可能なペースが生まれた。 蛇足だが、藤田はトランセンドの主戦を務め、 前田に誰よりも恩義を感じているジョッキーである。 直線、外を回したキズナは、ふらつくタマモベストプレイに邪魔され行き場を失う。 だが、武豊は一瞬の間隙を逃さずに進路を見出すと、接触も厭わずゴーサインを出した。 先に抜けだしたエピファネイアはまだ前方にいた。残り100メートル、キズナは猛然と加速してライバルを抜き去ると、先頭でゴールに飛び込んだ。 勝ちタイムは2分24秒3。

2着エピファネイアはパドックから発汗が目立った。中間はソエが出て、坂路追いに切り替える懸念材料があった。 実際、レース中は掛かり通しで、3コーナーでは他馬と触れて落馬寸前までバランスを崩しもした。それでいて一時は完全に勝ったと思わせる半馬身差。空恐ろしい馬だ。気性面が成長すれば、秋は楽しみだ。 アポロソニックは道中でハナを奪われながら3着。菊を乗り切るスタミナがある。 皐月賞馬ロゴタイプは5着。仕上げも競馬も完璧だったが、坂で伸びが止まった。敗因は距離としか言いようがない。 4番人気コディーノは9着。横山典弘からウィリアムズへの騎手変更は物議を醸したが、豪州の名手も馬を御することはできなかった。「乗り替わりでダービーは勝てない」意味を教えられる結果になった。 第80代ダービー馬、キズナは姉に桜花賞馬ファレノプシスを持つ。姉弟の歳の差は15。 母キャットクイルは20歳でキズナを産んだ。 高齢牝馬の仔は走らないという声もデビュー前は聞かれたが、例外は大いにあることを 証明してくれた。秋は凱旋門賞に挑むという。 ディープインパクトで味わった悔しさを、武豊がその仔とともに晴らしに行く。 キズナの物語は、これからも続く。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.05.26

日本ダービー予想 2013

桜花賞馬を姉に持ち、育成段階から高い評価を受けていたディープインパクトとキャットクイルの間に生まれた牡馬は、キズナと名付けられた。 未だ震災の傷が癒えないなか、人々の強い”絆”で復興への歩みを進めていこうという決意が込められていた。 キズナが素質の片鱗をファンの前に披露したのはデビュー2戦目の黄菊賞。2歳戦線で評判の高かったトーセンパワフルを2馬身半、 突き放したレースだ。しかし、この頃はまだ馬体に身が入ったとは言えなかった。 次戦のラジオNIKKEI杯は2番手に先行する、らしくない競馬で3着。 格下のバッドボーイにも遅れを取った。 3歳初戦の弥生賞は結果的に進路を誤って5着。 陣営は皐月賞への参戦をあきらめざるを得なかった。 だが、ダービーを目標に据えるならば、その選択は決してマイナスとばかりは言えなかった。

スタミナを競う消耗戦となった皐月賞は、小回りコースもあって先行勢で決着した。キズナが出走していても脚質的に勝ち負けは難しかったと思う。 さらにコースレコードの激しいレースは少なからぬ疲労を与えたはずである。キズナは毎日杯、京都新聞杯と余裕を残して連勝。しっかり追い切りをかけ、最高の状態でダービーに臨むことができた。今回、ハナを切るのはアポロソニック。プリンシパルSを逃げ切ったサムソンズプライドは控えることを公言しており、隊列はすんなりと落ち着く。ペースは速くならず、高速馬場で瞬発力勝負が繰り広げられる。 最内枠をどう捌くか、ポジショニングはどこに取るのか、仕掛けのタイミングとともに騎手に負う部分は大きいが、鞍上は父ディープインパクトもよく知る武豊。その仔、キズナも日本ダービー馬へと導くだろう。 対抗、単穴は敢えて皐月賞組以外から狙ってみたい。 NHKマイルCで3着のフラムドグロワール。休み明け、ハイペースで粘った内容は勝ち馬より評価できる。メイケイペガスターは皐月賞9着。最後方から追い込んだだけの競馬で疲れはない。藤田が牙を研いでいる。

◎キズナ ○フラムドグロワール ▲メイケイペガスター
△ロゴタイプ、エピファネイア、コディーノ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013.05.24

2013 乗り替わり事情に見る日本ダービー展望

騎手が乗り替わって日本ダービーを制したのは1985年まで遡らねばならない。 加藤和宏が手綱をとったシリウスシンボリだ。 同馬を管理した二本柳俊夫師は、頑ななまでに徒弟制度を守ろうとした人物だった。 騎乗ミスに激高したオーナーサイドは皐月賞を前にして 岡部幸雄への乗り替わりを要求する。 しかし、二本柳師が自厩舎に所属する加藤を守ったため、 一度は畠山重則厩舎へ移籍してしまう。ところが、有力馬の転厩は労働組合を巻き込んだ大騒動になり、調教師会の裁定でシリウスシンボリは二本柳厩舎へと戻る。その直後の若葉賞は岡部が騎乗したものの、皐月賞をパスして 臨んだダービーは再び加藤が跨ることになったのだ。騎手にフリーという概念がなく、ましてエージェントなど考えられない時代。 最近のファンから見れば、旧弊に囚われた大昔の出来事に感じられるかもしれない。 だが、この稀有なケースを最後にして、 競馬の神様は”乗り替わり”でダービーの栄冠を掴むことを許していない。

今年の皐月賞馬、ロゴタイプも乗り替わりでダービーへと駒を進めてきた。 この馬もまた、通常とは毛色の違う乗り替わりである。 朝日杯、皐月賞のパートナーはミルコ・デムーロ。 周知の通り日本だけでG1を9勝し、2003年にはネオユニヴァースで日本ダービーを手にしている名ジョッキーだ。ロゴタイプに大きな勲章をプレゼントした朝日杯、皐月賞とも、 ロスのない競馬で能力をフルに発揮させた非の打ち所がないレースだった。 ミルコがダービーに乗らない理由はライセンスの問題からだ。 JRAの短期免許は年3ヶ月で、1ヶ月ごとに申請しなくてはならない。 皐月賞前、ミルコはダービーを想定していなかった。 迷いはあったろうが、最終的には免許を新たに申請することはせず、スプリングSで代打を務めた弟のクリスチャン・デムーロにバトンタッチすることを決めた。クリスチャンは弱冠二十歳。 府中の芝では十数回しか騎乗経験のない外国人ジョッキーが勝利すれば、 ”国際化”された競馬界を象徴するダービーになるはずだ。

もう1頭、外国人騎手への乗り替わりで注目を集めるのがコディーノだ。昨夏のデビューから6戦すべてに騎乗してきた横山典弘を降板させ、オーストラリアのベテラン、クレイグ・ウィリアムズへスイッチ。 名伯楽、藤沢和雄の大胆すぎる選択である。コディーノは乗り方の難しい馬だ。 燃えやすい気性から皐月賞は他馬と接触して折り合いを欠き、 スタミナを消耗してしまった。東スポ杯を勝ったときは 「ダービーはこの馬で決まり」と言われたものの、 昨今の下馬評は「府中2400メートルは長すぎる」というものに変わっている。 藤沢師はゼンノロブロイ、シンボリクリスエスでダービー2着、 3年前も2番人気ペルーサで苦杯をなめた。 今回の乗り替わりはオーナーサイドから出たものではなく、 藤沢師の申し出によることが明らかになっている。 当然、面子を潰された横山典弘との関係は壊れ、年齢的なことを考えると藤沢-ノリの黄金タッグは修復不能かもしれない。かつて、若駒の成長を優先してダービーに目標を置かなかった藤沢師。スタンスを転換して12年目の今年、 なりふり構わぬ執念が実るのだろうか。

これら2頭とは対照的にデビュー以来、 主戦が信頼関係を築きながらダービーまで辿り着いたのがエピファネイアだ。 母シーザリオの主戦でもあった福永祐一は、騎乗停止中だった弥生賞を除いて5戦中4戦の手綱をとってきた。 2年前にはJRAリーディングにも輝きながら、 未だに天皇賞、牡馬クラシックには縁のない競馬界のプリンス。 去年もワールドエースという逸材に恵まれ、 ダービーは1番人気に推されたものの4着に敗れている。勝負弱さを指摘する外野の声も聞こえる。福永が決してミスをしたわけではない。だが、いつも他人がつくる流れに卒なく乗ろうとし、自らリスクを引き受けてレースを支配することを避けてきたように私には思えるのだ。エピファネイアは近2走の弥生賞、皐月賞で掛かり癖を見せている。 もし今回も同じ場面があれば、2ハロンの距離延長はこなせないだろう。 思い切って行かせるのか、馬群の中で折り合いをつけるのか。 いずれにせよ、腹を決めて挑むことでしか大一番は勝ち切れない。 先般、婚約を発表した福永にとって、今春は人生を左右するシーズンになるのかもしれない。

最後にキズナ。4強にあって唯一の「非社台」生産馬、 鞍上は外国人騎手や地方出身者にその座を奪われた武豊である。 オーナーのノースヒルズマネジメントは有力馬の手綱を ほとんど日本人ジョッキーに任せてきた。 ビートブラックの石橋脩、トランセンドの藤田伸二、アーネストリーの佐藤哲三、 ヘヴンリーロマンスの松永幹夫…。キズナもデビュー2戦は佐藤哲が騎乗し、彼が落馬負傷してからは武豊が跨ることになった。ノースヒルズの前田幸治代表は 「日本の生産馬は日本人ジョッキーにこだわっている。 社台グループ一色とならぬように頑張らなければなりません」(スポニチ)と述べている。 社台に袖にされた武豊、そこに手を差し伸べたノースヒルズ。 何としても最高の栄誉を勝ち取り、恩義に報いたいと往年の天才は胸に期しているはずだ。最内枠を引いたキズナは追い込みに賭けることになるだろう。この馬が勝つことは、ライバルたちとは異なる意義を持つことになる。どこでゴーサインを出すのか、馬群をこじ開けることはできるのか、武豊の鬼気迫る騎乗を観てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.19

オークス予想 2013

牝馬クラシックの第二冠、オークス。 今年はフローラSを勝った デニムアンドルビーが1番人気の支持を集めている。 混戦だった桜花賞組は例年よりレベルが落ちると 予想家は見ているのだろう。 同日の未勝利戦とタイムがほとんど違わなかったことを 証左にあげる者も少なくない。 だが、午後からコンディションが悪くなり、 強い向かい風の中で行われた桜花賞を、それだけで切ってしまうのは 些か乱暴ではないか。むしろ、堂々たるレースをした レッドオーヴァルなどは大いに評価していい。 素直に本命、といきたいところだが、 やはり心情は一口馬、ローブティサージュに向かわざるをえない。 もともと1800メートル戦でデビューし、桜より樫に適性ありと言われた馬。 桜花賞の直線は荒れた内側に進路を取ったため、伸びを欠く結果になったが5着。 上位8頭のうち6頭は4コーナーで10番手以下の後方に ポジショニングしていたが、ローブティサージュは好位にいたうちの1頭である。 秋山から岩田への非情な乗り替わりは、陣営が勝負になると見込んでいるからこそ。 勝ちきれるかどうかは展開次第だが、複勝圏には走ってくれると信じている。 無論、強い願望込みの予想だ。もし愛馬の出走がなければ、レッドオーヴァルから馬券は買っていただろう。

◎ローブティサージュ ○レッドオーヴァル ▲デニムアンドルビー
△アユサン、トーセンソレイユ、クロフネサプライズ、メイショウマンボ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.05.12

ヴィクトリアマイル予想 2013

前日から雨が降り続いた東京競馬場だが、 日曜は晴れになりそう。本番のコースはいわゆる ”乾き始め”の馬場になるのかもしれない。 パンパンの時計勝負なら不安があったヴィルシーナにとっては 恵みの雨になりそうだ。 去年はジェンティルドンナという怪物に阻まれて、 牝馬三冠はすべて2着。しかも、ジェンティルドンナ不在のエリザベス女王杯まで 重巧者レインボーダリアの前にクビ差敗れた。 今年の初戦に選んだ大阪杯は好位追走、オルフェーヴルから コンマ8秒差の6着と十分な成績を残し、 ヴィクトリアマイルで悲願を達成しようと調整を続けられてきた。 条件戦を勝ち上がった馬が名前を連ねる今年なら、 力が違うだろうと考える。 相手は1歳上、ジェンティルドンナの姉にあたるドナウブルー。 鞍上は怖いウィリアムズで、この2走に限って人気を落としているなら買い。 単穴にレインボーダリア。馬場を気にせず差してこれる。乾き始めの府中は内枠を狙うのがセオリーで、連下も内を中心にしたい。

◎ヴィルシーナ ○ドナウブルー ▲レインボーダリア
△ジョワドヴィーヴル、マイネイサベル、オールザットジャズ、ハナズゴール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.05

NHKマイルC予想 2013

土曜日の京都新聞杯には驚かされた。前残りの馬場を物ともせず、 最後方から悠然と差しきったキズナの脚にである。 ゴール前では手綱を抑える様子さえみられた。 当然、ダービーでも人気になるだろう。 そのキズナと毎日杯で対戦し、2着したのがガイヤースヴェルト。 結果として3馬身ちぎられたものの、 積極的に好位を追走し、直線半ばでは1頭抜け出していた。 例年なら勝っていた。このとき4着だったテイエムイナズマとの差はコンマ7秒だったが、次走、同馬は皐月賞でロゴタイプからコンマ7秒差の6着に好走している。毎日杯のマイル通過は1分33秒7。 新馬、500万とダートを使ってきて芝適性を疑問視する見方もあるが、前走でその不安は解消された。 むしろ、NHKマイルCはダート血統が活躍する傾向があり、 ダイワメジャー×フレンチデピュティという配合は買い材料だ。 芝未経験の1勝馬を美浦から輸送して 賞金加算させたのは、陣営とサンデーレーシングが高い素質を見抜いていたからだろう。 関東馬の成績は芳しくないが、ガイヤースヴェルトは例外になってほしい。 今週から短期免許で来日した名手・ウィリアムズの手綱も頼もしい。 対抗はマイルのアーリントンCを快勝しているコパノリチャード。 ハイペースで飛ばした皐月賞は参考外。ベストの距離で巻き返しは当然ある。 単穴はNZT2着のレッドアリオン。NHKマイルとは 相性の良い橋口厩舎。 府中替りは合いそうで、先手を楽にとれる内枠を引いたのも有利に働く。 3着候補は手広く。

◎ガイヤースヴェルト ○コパノリチャード ▲レッドアリオン
△エーシントップ、ゴットフリート、フラムドグロワール、アットウィル、
 ローガンサファイア、インパルスヒーロー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »