« 2013 乗り替わり事情に見る日本ダービー展望 | トップページ | 日本ダービー回顧 ファンを熱狂させた人馬の”キズナ” »

2013.05.26

日本ダービー予想 2013

桜花賞馬を姉に持ち、育成段階から高い評価を受けていたディープインパクトとキャットクイルの間に生まれた牡馬は、キズナと名付けられた。 未だ震災の傷が癒えないなか、人々の強い”絆”で復興への歩みを進めていこうという決意が込められていた。 キズナが素質の片鱗をファンの前に披露したのはデビュー2戦目の黄菊賞。2歳戦線で評判の高かったトーセンパワフルを2馬身半、 突き放したレースだ。しかし、この頃はまだ馬体に身が入ったとは言えなかった。 次戦のラジオNIKKEI杯は2番手に先行する、らしくない競馬で3着。 格下のバッドボーイにも遅れを取った。 3歳初戦の弥生賞は結果的に進路を誤って5着。 陣営は皐月賞への参戦をあきらめざるを得なかった。 だが、ダービーを目標に据えるならば、その選択は決してマイナスとばかりは言えなかった。

スタミナを競う消耗戦となった皐月賞は、小回りコースもあって先行勢で決着した。キズナが出走していても脚質的に勝ち負けは難しかったと思う。 さらにコースレコードの激しいレースは少なからぬ疲労を与えたはずである。キズナは毎日杯、京都新聞杯と余裕を残して連勝。しっかり追い切りをかけ、最高の状態でダービーに臨むことができた。今回、ハナを切るのはアポロソニック。プリンシパルSを逃げ切ったサムソンズプライドは控えることを公言しており、隊列はすんなりと落ち着く。ペースは速くならず、高速馬場で瞬発力勝負が繰り広げられる。 最内枠をどう捌くか、ポジショニングはどこに取るのか、仕掛けのタイミングとともに騎手に負う部分は大きいが、鞍上は父ディープインパクトもよく知る武豊。その仔、キズナも日本ダービー馬へと導くだろう。 対抗、単穴は敢えて皐月賞組以外から狙ってみたい。 NHKマイルCで3着のフラムドグロワール。休み明け、ハイペースで粘った内容は勝ち馬より評価できる。メイケイペガスターは皐月賞9着。最後方から追い込んだだけの競馬で疲れはない。藤田が牙を研いでいる。

◎キズナ ○フラムドグロワール ▲メイケイペガスター
△ロゴタイプ、エピファネイア、コディーノ

|

« 2013 乗り替わり事情に見る日本ダービー展望 | トップページ | 日本ダービー回顧 ファンを熱狂させた人馬の”キズナ” »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

ひさしぶりに「ドラマ」を見ました。
おめでとう武豊騎手。

投稿: | 2013.05.26 18:04

おしかったですね。わたしもほぼ同様ですdespair

投稿: 安倍輝基 | 2013.05.27 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/57459712

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ダービー予想 2013:

» 【競馬予想】東京優駿、目黒記念、ディープインパクトカップ [むらけん's blog ~競馬予想~]
〔 東京11R 第80回東京優駿 〕 本命(◎):⑬マイネルホウオウ 相手:⑧⑨②①⑦ 〔 [続きを読む]

受信: 2013.05.26 08:18

« 2013 乗り替わり事情に見る日本ダービー展望 | トップページ | 日本ダービー回顧 ファンを熱狂させた人馬の”キズナ” »