« 皐月賞予想 2013 | トップページ | マイラーズC予想 2013 »

2013.04.16

皐月賞回顧 レコード勝ちロゴタイプは”インテリジェント”

1分58秒0はコースレコード。 ロゴタイプがこれほどまで強いとは正直、考えていなかった。 朝日杯では7番人気の低評価。このレースは番手先行で押し切ったため、 父ローエングリンの印象も相まってマイラーだという見方が大勢を占めていたはず。 私自身、2000メートルの皐月賞でハイペースの厳しい流れになれば、 ゴール前でライバルたちに差されるのではないかと予想していたが、 最後まで脚色が鈍ることはなかった。まったく脱帽である。 前後半、ほぼ同じラップを刻んでの勝利は自らの力で栄冠を獲得した証左だろう。 この馬の強さを実感した2つのポイントがある。 ひとつはスタートしてコディーノと接触したものの、動じずに折り合ったメンタル。 もう一つは3角すぎ、外からカミノタサハラに蓋をされそうになったとき、騎手の指示に応えてスッと先に出て進路を確保した反応の良さ。 レース後、ミルコ・デムーロが「インテリジェント」とロゴタイプを形容していたのは、 こうした点を踏まえてのものだと思う。

父ローエングリンはドバイWCやジャパンカップを制したシングスピールの産駒。 サドラーズウェルズに遡る父系はスタミナに不安はない。 ローエングリンはマイルでの活躍が目立っていたが、 これは気性面に配慮しての結果だったのだろう。 3歳時には宝塚記念に挑戦して3着に好走していた実績もある。 母系もローズSなどを勝ったスターバレリーナを祖母に持つ。 次走、2ハロンの距離延長はマイナスにはならないはずだ。 馬の能力もさることながら、感嘆させられたのがミルコの手綱さばき。道中は7、8番手、中団のインコースでじっと脚を溜め、 コディーノが相手ではないと判断するや、 絶妙のタイミングでゴーサインを出す。ゆえに直線では馬場中ほどに進路をとることができた。 ダービーではクリスチャン・デムーロに鞍上がスイッチするが、鮮やかだった桜花賞が頭をよぎる。この兄弟、空恐ろしい。

2着エピファネイアは懸念されていた折り合いに苦労した。 スタートして間もなくハミを噛み、2コーナーすぎまで落ち着きを欠いてしまった。 G1を勝てるポテンシャルがあることははっきりしているが、 距離が伸びるダービーでも課題は折り合いになる。福永は去年のワールドエースに続く皐月賞2着だが、次走はエピファネイアをどう操るか、騎手として技量を問われる試練になる。 消極的なレースをしていては、再び外国人ジョッキーの軍門に降るしかない。 3着にコディーノ。こちらも接触して引っかかった。 現時点ではマイルのほうがレースがしやすいようで、 こうなると東スポ杯から1ハロン短い朝日杯を使ったことが遠因ではないかと悔いてしまう。正直、ダービーで勝ち馬を逆転するシーンは思い描きにくい。4着カミノタサハラ。良く走っているし、ダービーに適性はあると思うが、弥生賞、皐月賞と目一杯の走らせた体調の維持が着目点になる。

タマモベストプレイも掲示板に載る健闘。 これまでと一転、後方から差す競馬になったが、能力があるところを示した。マズルファイヤーも後手を踏んだが、よく差してきて7着。 秋になれば、もっと馬は良くなるだろう。メイケイペガスターはシンガリ一気で9着。 この馬も折り合いに難があるが、ダービーでも嵌れば一発があるやもしれない。 期待したフェイムゲームは流れについていけず12着。 硬い高速馬場に対応できなかった。 直線ではレッドルーラーと接触する場面もあったが、タフな競馬に耐えれるだけの体力が身についていなかったということ。今のところダービーはロゴタイプ、エピファネイアの皐月賞上位組に、京都新聞杯を経由するキズナがどこまで迫れるか、という構図か。

|

« 皐月賞予想 2013 | トップページ | マイラーズC予想 2013 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

レコードの激走からか
皐月組からケガでダービー回避のニュースが・・・
残念です。

高速馬場とケガの因果関係はないとはいいますが・・・

投稿: | 2013.04.20 07:58

リタイアする馬が相次いだことは残念ですね。それだけハードなレースだったんでしょうね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2013.04.21 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/57182943

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞回顧 レコード勝ちロゴタイプは”インテリジェント”:

« 皐月賞予想 2013 | トップページ | マイラーズC予想 2013 »