« 弥生賞予想 2013 | トップページ | スプリングS予想 2013 »

2013.03.10

フィリーズレビュー予想 2013

桜花賞トライアル、フィリーズレビュー。本番のマイル戦に対応できる馬よりも、1400メートルのスペシャリストを狙うのがセオリーである。中枠、先行馬の成績がよく、馬券的には波乱傾向だ。本命は5番枠を引いたサウンドリアーナ。3番人気に推された阪神JFでは大敗を喫したが、前々走のファンタジーSは後の2歳女王を3馬身退けて快勝した。適距離で自分の型に持ち込んだとき、とんでもない力を発揮するタイプだろう。鞍上は中央入りしたばかりの戸崎で、陣営の期待の高さが伺われる。休み明けになるが、桜花賞よりトライアルでこそのタイプだ。相手は人気もサンブルエミューズ。実力上位で大崩れない。単穴はノーブルコロネット。 前走の敗戦は参考外、牡馬と接戦してきた素質は高い。また、馬券はさておき、札幌以来のラトーナの走りにも注目したい。

◎サウンドリアーナ ○サンブルエミューズ ▲ノーブルコロネット
△ラトーナ、メイショウマンボ、タンスチョキン、サマリーズ

|

« 弥生賞予想 2013 | トップページ | スプリングS予想 2013 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
私はフィリーズレビュー予想はラトーナ本命で残念でした。
中山牝馬もアカンサス本命で撃沈してしまいました(汗)

メイショウマンボは井崎先生がTVで桜花賞本命と言ってましたが、私も今のところ桜花賞本命で考えています。

今週はスプリングSを予想してみます。

投稿: Cozy | 2013.03.12 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/56925118

この記事へのトラックバック一覧です: フィリーズレビュー予想 2013:

« 弥生賞予想 2013 | トップページ | スプリングS予想 2013 »