« 東京新聞杯・きさらぎ賞予想 2013 | トップページ | フェブラリーS予想 2013 »

2013.02.10

共同通信杯予想 2013

冬場の硬い馬場、スローになりやすい展開。おそらく今年の共同通信杯も瞬発力勝負になるだろう。ラウンドワールドはデビュー戦で32秒9の上がりを繰り出した瞬発力タイプ。札幌2歳Sでは外を回るロスの多い競馬を強いられたものの、コディーノの2着に迫っている。前走のラジオNIKKEI杯は超スローの流れを出遅れたもので、まったくの参考外と言っていい。共同通信杯は距離短縮馬が良績を残しているし、松田博、岩田コンビを信頼したい。対抗はメイケイペガスター。この馬も新馬戦で上がり33秒0を記録している。休養明けの若駒Sも見どころある競馬をしており、 叩かれて上昇気配ある。朝日杯3着のゴッドフリートが3番手。適性より1ハロン長いが、新潟のマイルを快勝している経験を買う。

◎ラウンドワールド ○メイケイペガスター ▲ゴッドフリート
△マンボネフュー、クロスボウ、ケイアイチョウサン

 

|

« 東京新聞杯・きさらぎ賞予想 2013 | トップページ | フェブラリーS予想 2013 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/56734605

この記事へのトラックバック一覧です: 共同通信杯予想 2013:

« 東京新聞杯・きさらぎ賞予想 2013 | トップページ | フェブラリーS予想 2013 »