« 共同通信杯予想 2013 | トップページ | 中山記念予想 2013 »

2013.02.16

フェブラリーS予想 2013

フェブラリーSに芝のビッグネームが参戦してくるのは 珍しいことではない。しかし、初めてのダートがフェブラリーSだった馬は過去、連対すらしたことがない。今年の1番人気カレンブラックヒルは6戦5勝、 唯一敗戦を喫した天皇賞秋以来の参戦となる。府中マイルは芝コースからの発走で、外枠を引いた同馬は持ち前のダッシュ力を活かしてすんなりと先手を奪い、好位から揉まれない競馬ができるだろう。スピードの絶対値が他馬とは違う。多くの予想家が快挙を期待するのも自然な状況だ。だが、餅は餅屋に、砂は砂屋に一日の長があってほしいのが人情。ガンジス◎。昨春はNHKマイルCに出走するなど芝路線に進んだが、夏の準オープンから本格的にダート転向した。11月、フェブラリーSと同じ舞台で行われた武蔵野Sでは2着。大出遅れして優勝したイジゲンの強さばかりが宣伝されるが、直線で壁に阻まれながら勝ち馬を追い詰めたガンジスも内容は濃かった。その後、順調に使われてきている分、逆転も十分に可能だと考える。このレースは4、5歳馬の活躍が目立ち、関西勢に圧倒的な良績があるのも買い材料になろう。相手はカレンブラックヒル、イジゲンと順当に印をつけていくが、堅実ワンダーアキュートも忘れてはなるまい。

◎ガンジス ○カレンブラックヒル ▲イジゲン
△ワンダーアキュート、シルクフォーチュン、テスタマッタ、グレープブランデー

 

|

« 共同通信杯予想 2013 | トップページ | 中山記念予想 2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS予想 2013:

« 共同通信杯予想 2013 | トップページ | 中山記念予想 2013 »